ポジポジ病が治らない?治し方、克復方法は?

  • FXトレーダーがかかるポジポジ病って何?
  • ポジポジ病の克服方法、対策方法は?
  • ポジポジ病の原因、心理は?

このような疑問が解決できる記事となっています。FXにおけるポジポジ病の原因やデメリット、対策、克服方法について、初心者にも分かりやすく解説します。

 

 

【この記事を書いているYaniの実績】

Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。


 

 

 

 

FXトレーダーの病気「ポジポジ病」とは?

FXポジポジ病治し方

ポジポジ病の意味

ポジポジ病とは常にポジションを保有していたくなるトレーダー特有の病気です。

本来は自分の得意なチャートパターンが来たらエントリーするのですが、全てがチャンスに見えてしまって、雑にエントリーと決済を繰り返してしまいます。

 

トレード依存症で、ギャンブル依存症に近いかもしれません。

ポジポジ病の原因や治し方について説明していきます。

 

ポジポジ病になると勝てない

ポジポジ病になると絶対にFXは勝てません

ポジポジ病でトレードすることはテキトーにトレードしていることと変わりないので、もちろん勝てる訳がないです。

 

むしろポジポジ病になったら口座を溶かす前兆と思って良いと思います。

ポジポジ病になるとなぜ勝てないのか、どんなデメリットがあるのかは、後半で説明していきます。

 

ポジれない病

ポジポジ病の逆で、ポジれない病というのもあります。

ポジションを持つことができなく、エントリーした後に損切になったらどうしようとか、含み損が怖いとか、お金を失う恐怖からエントリーができなくなります。

 

ポジれない病、ポジれない病どちらも感情的になっている時に発症することが多いです。

ポジれない病は恐怖や不安、ポジポジ病はですね。ではどのような理由や心理が絡んでいるのか解説していきます。

 

 

【FX】ポジポジ病になる原因や心理

どのような時にポジポジ病が発症しやすいのか、原因やその時の心理について解説していきます。

主観で相場を見ている時

チャートは客観的に見て、優位性の高いところでトレードするのが良いというのは、初心者でなければ知っていると思います。

ポジポジ病になる時は、謎の自信や根拠に満ちあふれていて、相場を主観的に見てトレードしていることが多いです。

 

値動きを見ずに、自分がこうなって欲しいという方向にトレードし、いつものやり方と違うトレードをしてしまいます。

客観的に相場を見るなら値動きだけに集中して分析をするしかありません。

 

儲けたい・稼ぎたいという欲が強い時

ギャンブル中毒と同じで、稼ぎたいとか儲けたい、資金を増やしたいという気持ちが強い時はポジポジ病になりやすいです。

欲が強いので慎重さがなくなってしまい、全てがチャンスに見えて、変なところでエントリーをしてしまうようになります。

 

上手くトレードするという気持ちを忘れて、お金のことばかりを考えている時ほど無駄なトレードが増えて、ポジポジ病になっていることが多いでしょう。

チャートだけに集中することで、お金のことを考えないようになります。

 

メンタルが崩れた時

  • 損切した後
  • 含み益がなくなった時
  • 大きな損失を出した時
  • エントリーするべき時にできなかった時

このようなメンタルが崩れた時はポジポジ病になりやすいです。

損切した後は取り返したいという気持ちが強くなって余計なトレードをして、エントリーするべき場面でできなかったことが重なると、ついつい無駄なところでエントリーしてしまったりします。

 

これを避けるためにはメンタルを冷静に保つためのコントロールが必要になります。

ポジポジ病の対策方法は最後で紹介します。

 

仕事をしていない感じがする時

一般的に何かをしていないと仕事をしていないと思ってしまいますよね。トレーダーの仕事はチャンスがくるまで待つことも含まれています。

そういった概念を持っている人は少ないので、仕事をしていない感じに違和感を感じ、ポジションを保有していないと不安になる人がいます。

手持ち無沙汰じゃないですが、待つことができない人はポジポジ病になりやすいです。

 

 

【FX】ポジポジ病のデメリット

ポジポジ病になりやすい人がわかったので、次はポジポジ病によってどのような弊害があるのかを分かりやすく解説していきます。

資金効率が悪い

余計なポジションを保有しているので、その分他にチャンスがあってもトレードができなくなってしまいますので、資金効率が悪いです。

もしその無駄なポジションを持っていなかったら、チャンスでトレードをして利益を得られた可能性があります。

そう考えると、無駄なポジションを取らないことと、無駄だとわかったポジションはすぐに決済する方が合理的なのがわかります。

 

取引コストが

何度もトレードをするので、その分スプレッドや手数料などの取引コストがかかります。

積み重なると大きなコストになり、コスト負けすることもあるでしょう。

余計なトレードを行うということは、どんどん不利になっていくことがわかります。

 

損切、利確ラインがテキトーになる

テキトーにトレードをしてしまうと、利確、損切ラインが定まっていないことが多く、早くに利確してしまい、損切するのをためらってしまいがちです。

つまりプロスペクト理論通りの行動になりやすくなってしまいます。

「プロスペクト理論の内容と克復方法」

 

シナリオや戦略があるからプロスペクト理論的な行動を取らずに済むのに、戦略がないテキトーなトレードをしてしまうとプロスペクト理論的な行動を取りやすくなって負けてしまいます。

そうならないためにもシナリオ作りと、ルール通りのトレードを行うことが重要になります。

「トレールールの作り方と守る方法」

 

無駄な損失

テキトーなトレードをすると、損切ラインもテキトーになると言いました。

そうすると損切ができなくなってしまうので、大きな損失を出しやすくなります。

 

少しの利益を取ろうとして、大きな損失を出すとメンタルに大きな影響を与えます。

ポジポジ病→損切ラインがテキトー→損切できない→無駄な損失という流れです。

 

メンタルが崩壊して口座を溶かす

大きな損失を出すとメンタルが崩壊します。メンタルが乱れると、さらにポジポジ病になって悪循環に陥ります。

エントリー、ナンピンを繰り返し、耐えきれないほどの含み損を抱え、最終的には口座を飛ばすことになります。

 

ポジポジ病は口座を溶かす要因の1つです。

しっかりと病気を治すようにしないと、口座資金は一生増えることはないでしょう。

 

 

【FX】ポジポジ病の対策と克復方法

ポジポジ病は治ります。ポジポジ病が治らない人は治らない行動をしているので、同じ行動を繰り返してしまいます。

どうしたら克服できるのか、いくつか方法を紹介します。

トレードする時間帯を決める

トレードする時間帯を決めると、ポジポジ病を回避することができます。

FX相場は24時間動いていますが、動きやすい時間帯、トレンドを作りやすい時間帯があります。

 

それ以外の時間帯でトレードしても、レンジで含み損になったり、含み益になったりで精神的に疲弊しやすくなります。

そういう時間にトレードをしないと決めることで、少しでもポジポジするのを減らすことができます。

 

また毎日決まった同じ時間帯にトレードすることで、その市場の癖がわかるようになります。

そうすることで、自分のルーティンを作り出しやすくなります。

 

損切後は時間を空ける

損切後は損失を取り返したくなって、ポジポジ病が発症しやすくなるので、損切後のメンタル管理は必要不可欠です。

取り返したい気持ちを抑えられずに、テキトーなトレードをすると、早い利確と遅い損切で確実に資金は減っていくでしょう。

 

それを避けるには損切後、一旦冷静になるしかありません。必要経費、資金を増やすための損切と言い聞かせて、一度チャートから離れましょう。

時間を空けるとフラットな状態でチャートが見れるようになるので、いつも通りのトレードをしやすくなります。

 

記録・アウトプット

トレードを記録したりアウトプットすると、反省と改善を行うことができます。

何をきっかけにポジポジ病になってしまったのか、どんな感情の時にポジポジ病になりやすいのか、トレード記録やアウトプットをして自己分析することで、ポジポジ病を克復することも可能です。

 

できれば誰かに監視されている方が抑制されて良いと思うので、誰かにトレードを見てもらうか、履歴を見せるなどをすると良いと思います。

SNSやライブ配信で見てもらうと、そのようなメリットがあります。

「トレード記録の書き方と項目」

 

検証ソフトで同じトレードを何度も

検証ソフトで自分の手法で何度もトレードしましょう。

そうすることで手法を自分の中に落とし込むことができ、自分の統計データを知ることができます。

 

連敗したとしてもトータルでプラスにできることを知っているので、損切も想定内と受け入れることができます。

検証ソフトで同じ手法のみを使って資金を何倍にもしておくと、ポジポジ病を克服することも可能です。

 

私が使っているおすすめ検証ソフト【Forex Tester 4

 

ルールを明確化する

トレードルールを明確にすると、それ以外の行動をとった時良くないことが起こると感覚的にわかるようになるので、しっかりと守るようになります。

トレードルールが中途半端だと、テキトーなトレードをしてしまったり、ポジポジ病になりやすくなります。

自分だけのやり方を明確にして、その中でのみトレードをするようにすると、ポジポジ病の対策をすることができます。

 

私の使っている手法やトレードの考え方、資金管理などは、現在公式LINE@でコミュニティに参加していただいた方限定で公開しています。

  • トレード手法の紹介
  • トレード動画の配信
  • トレード解説の配信
  • シナリオ&環境認識の配信
  • マンツーマンのコーチング
  • 会員限定ディスコードへの招待

下記のLINE@からよければ。

 

まとめ

  • ポジポジ病は感情的になっている時に起こりやすい
  • 資金管理をしてメンタルがぶれないようにする
  • テキトーなトレードをするとプロスペクト理論で口座を溶かす
  • 検証しまくる

皆さんがポジポジ病を克服して、上手く資金を増やせていけることを願っています。

comment

タイトルとURLをコピーしました