トレンド方向と転換点を見極めるMT4インジケーター「AT_Dow」

  • トレンド方向や転換点を見極めることができるインジケーターは?
  • どんな機能やロジック?
  • 無料?有料?ダウンロード方法は?
  • 無裁量のサポート、レジスタンスラインを表示できるインジケーターってある?

こんな疑問が解決できる記事です。

 

FXコミュニティYTCで環境認識方法やトレード手法が学べる

ブログ運営者Yaniが運営しているFXコミュニティです。

誰でも着実にスキルを上げることが可能なトレード学習システムを取り入れたFXオンラインサロンになっています。

資金管理方法が学べたり、オリジナルテクニカルやインジケーターも多数用意しています。

FXコミュニティYTCとは?

トレンド方向、転換点を見極めることができるMT4インジケーター「AT_Dow」について

 

トレンド系インジケーター「AT_Dow」の3つの特徴

トレンド方向やトレンド転換点が見極めやすい

トレンド方向が見極めやすい

強力なサポート、レジスタンスラインを自動で表示

無裁量の強力なサポート、レジスタンスライン

ロジックが明確なので誰でも同じようにを見れる

 

【「AT_Dow」の3つの特徴】

  1. トレンド方向、転換点がわかりやすい
  2. 直近の強力なサポート、レジスタンスラインを自動で引いてくれる
  3. ロジックが明確なので、誰もが同じトレンドを認識できる

 

 

トレンド系インジケーター「AT_Dow」を使うことでできるようになること

  • トレンド方向に自信を持てるようになります
  • トレンド方向に自信が持てるので、損切貧乏を避けられます
  • 値動きに振り回されることがなくなります
  • レンジ相場が認識できるようになります
  • 裁量が必要ない強力なサポート、レジスタンスラインがわかります
  • トレンドフォローを意識したトレードができるようになります
  • 一貫した相場分析ができるようになります

 

 

FX】トレンド方向はわかるのに勝てない原因

トレンド方向にトレード(トレンドフォロー)した方がいいなんていうのは誰もが知っていることです。

でもトレンドがどちらの方向に出ているかわかりにくい、明らかに上昇しているけどロングしたら下がって負ける、いつ上げるかがわからないみたいなことがあります。

そういった問題を解決することができると、振り回されないトレードができるようになります。

 

トレンド方向に自信がない

チャート分析をする際、マルチタイムフレーム分析をして各時間足のトレンド方向を定めると思いますが、その方向に自信を持てない人は多いと思います。

「上昇トレンドだと思って、買ったら下がってきて損切…損切したと思ったら結局上昇して悔しい思いをした。」

みたいな経験ある人は多いのではないかと思います。

 

これが繰り返されると、自分が分析したトレンド方向に自信を持てなくなってしまい、毎回恐る恐るトレードすることになります。

トレンド方向に自信がないと、

  • いつも早く利食いしてしまう(損大利小のトレード)
  • 利益を伸ばせない(損大利小のトレード)
  • 損切を早くしてしまう(損切貧乏)
  • ドテンして振り回される(往復ビンタ)
  • ちょっとした値動きにつられる(ポジポジ病)

このようなことが起こりやすくなります。

 

 

マルチタイムフレーム分析と一貫した相場分析

マルチタイムフレーム分析とは色々な時間軸を分析する方法ですが、色々な時間足のトレンド方向を分析した結果、結局自分が今どちらの方向にトレードするべきかをわかっていますか?

トレンドをなんとなくは認識はできるけど、今自分がトレードするべき方向が曖昧な人が結構います。

 

これはトレンド方向に対する基準がそこまで明確ではないからだと思います。

だから自分がどちらにトレードすれば良いかが曖昧で定まらないんです。

 

さらに言うと、一貫した相場分析もできていない可能性が高いです。

分析方法に一貫性がないと、毎回違う基準でトレンドを認識することになるので、自分がトレードする方向が定まりにくくなりますし、そんな分析方法で見極めたトレンド方向に自信を持てるはずがありません。

トレンド方向や自分がトレードする方向に自信を持つには、マルチタイムフレーム分析と一貫した相場分析方法が必要になります。

 

 

一般的なトレンド方向の判断は移動平均線やダウ理論

トレンドを認識するのにわかりやすいのが移動平均線やダウ理論だと思います。

レートが移動平均線の上にあるか下にあるか、傾きが下向きか上向きか。高値安値が切り上げているかなどを見ますよね。

 

実際私も4本値とMAを目安に順張りか逆張りかを見ています。

MAと4本値、それに加えてトレンドを認識できるテクニカル指標をもう1つ使っています。

 

それが「ローソクダウ」というロジックです。

MA、4本値、ローソクダウこの3つのテクニカル指標で方向感を定めて、順張りなのか逆張りなのかを気にしながらトレードしています。

ローソクダウがあることで自信を持ってトレンド方向や転換を認識することができるようになりました。

 

 

トレンド方向、転換を見極めやすいMT4インジケーター「AT_Dow」の基本を簡単に説明

トレンドインジケーター「AT_Dow」とは?

基本1.「ローソクダウ」はトレンド方向、転換を見極める新ロジック

ローソクダウというテクニカル指標は、うちのFXコミュニティYTCで生まれたロジックで、ローソク足がある条件をクリアすると、トレンド方向が転換するというものです。

この条件というのが明確なので、誰でも同じタイミングでトレンド転換だと認識することができます。

 

ローソクダウのロジックは完全オリジナルで、ネットには転がっていない情報です。

うちのコミュニティメンバーのANTONさん発案なので、「AT(ANTON)_Dow」という名前にしました。

斬新なロジックではあるものの理にかなった考え方なので、条件クリアでトレンドが自然と転換して、ある価格が強力なサポート、レジスタンスラインになるという考え方です。

 

 

基本2.「ローソクダウ」はトレンド切り替わりで転換ラインを表示

ローソク足がある条件をクリアするとトレンドが切り替わったとみなし、ある位置にラインを引きます。

このラインを転換ラインと言い、転換ラインが出現=トレンド方向が切り替わったという認識ができるようになります。

 

さらにこの転換ラインは強力なサポート、レジスタンスラインとなります。

転換ラインを自動で表示してくれるのが「AT_Dow」というインジケーターです。

このロジックはダウ理論ではありませんが、変わったダウ理論みたいなものと思ってください。このロジックでトレンドの切り替わりを見ます。

 

 

トレンド方向や転換が判断しやすいMT4インジケーター「AT_Dow」の特徴やメリット

「AT_Dow」を使うことでどのようなメリットがあるかを説明していきます。

 

メリット1.マルチタイムのトレンド方向が見極めやすい

トレンド方向が見極めやすい

転換ラインが出現したらトレンド方向が切り替わって、その方向に価格が伸びやすくなっています。

転換ライン出現がトレンド転換のシグナルやサインと思ってもらってもOKです。

1本のラインだけでトレンドを見極められるので、視覚的にもわかりやすくなっていますし、なによりロジックがわかりやすいので、ダウ理論のように戻り高値、押し安値がどこかを気にする必要もありません。

MAとダウ理論だけで判断していたトレンド方向を、基準が明確なローソクダウを加えることによって自信を持つことができるようになります。

 

 

メリット2.トレンド転換点が見極めやすい

トレンドの転換を見極める方法はプライスアクション、チャートパターン、ダウ理論崩れなどいろいろあると思います。

チャートパターンっていうのは抽象的な部分がありますし、ダウ理論も押し安値、戻り高値の位置が人によって違うので見方が変わります。

 

プライスアクションは基本的にみんな同じものを見ているので比較的わかりやすいと思います。

何が言いたいのかというと、誰もがトレンド転換とわかるような明確なロジックの方が見極めやすいということです。

 

基準が明確(裁量が必要)でなければ誰もが同じものを認識するのは難しくなります

例えば、ある人は三尊できてるじゃんと言うけど、ある人はどこに三尊ができているかわからないみたいな。

押し安値を切り下げて~と言うけど、どこの安値を押し安値と言っているのかわからないとか。

 

人によって見方が変わるようなロジックは再現性がありませんし、見極めにくくなります。

その点ローソクダウは明確なロジックがあり、一貫したタイミングで転換ラインが表示されるので、誰もがトレンドの転換点を同じように見極めることが可能です。

 

トレンドの転換点が判断できるということは、トレンドの終わりを見極めることができ、トレンドの初動からエントリーしていくことも可能だということです。

 

 

メリット3.裁量が全く必要ない強力なサポート、レジスタンスラインが自動で表示

無裁量の強力なサポート、レジスタンスライン

「AT_Dow」はローソクダウという明確なロジックで転換ラインを自動で引いてくれますので、裁量は全く必要なく強力ななサポート、レジスタンスラインを表示することができます

水平ラインやトレンドラインは裁量で引いている人が多く、裁量で引いてしまうと一貫性がないので再現性も全くないんですよね。

 

再現性がないということは今後同じように取引することもできませんし、自分のトレードパターンを認識することもできません。

つまりトレードで勝てません。

ラインに関しては裁量は必要なく、できるだけ一定のロジックで引くことをおすすめします。

 

 

メリット4.レンジ相場も見極めやすい

レンジ相場を見極める

転換ラインが頻繫に出現している時は方向感があまりないレンジの可能性が高いです。

MAが横ばい、パラボリックが頻繫に上下するみたいな感じと思ってもらってOK。

 

 

一番のメリットは裁量が必要ないという点

環境認識(相場分析)をする際、毎回同じ基準でチャートを分析できている方は多くありません

毎回同じように相場を見ているようで見ていないんです。

別の言い方をすると、「ここが効いてそうだな」「今は上がっているから上昇トレンド」みたいななんとなく分析しているみたいな感じですね。

理由は上記でも記載した通り、ラインを引いたり、チャートの見方に明確な基準がなく、一貫性がない場合が多いというのが理由になります。

 

AT_Dowを使うと毎回決まったロジックで転換ラインを表示してくれるので、一貫した見方で各時間足のトレンド方向を認識することができます。

一貫した見方や分析ができれば、自信を持ってトレンド方向を見極められるようになりますし、同じロジックを使っているので、誰がインジケーターを使っても同じ分析方法ができるようになります。

 

 

「AT_Dow」のメリットまとめ

  • トレンド方向が見極めやすい
  • トレンド転換が見極めやすい
  • 強力なサポート、レジスタンスラインが引ける
  • レンジ相場が見極めやすい
  • 裁量が必要ないロジック
  • 一貫した相場分析ができるようになる

 

トレンド方向に絶対的な自信があるという方はこのインジケーターは必要ないと思います。

 

 

トレンド方向や転換が見極められるMT4インジケーター「AT_Dow」の見方や機能、設定方法について

インジケーターがチャートにどのように表示されるのか、どのような機能があるのか、どのようにパラメーターを設定すれば良いのか説明していきます。

 

5つの時間足(マルチタイム)でトレンド転換ラインをボタンで表示、非表示できる

5つの時間足まで選択可能

5つまで時間足を選択でき、各時間足の転換ラインを表示することができます。

ただ、全ての転換ラインを表示すると、ごちゃごちゃして訳がわからなくなるので、ボタンタイプにしました。

ボタンをクリックすると転換ラインを表示し、もう一度クリックすると転換ラインを非表示にすることができます。

ボタン全体を隠すこともできるので、邪魔になることはないのではないかと思います。

 

 

各時間足のトレンド方向がすぐにわかる「BUYかSELLで表示」

各時間足のトレンド方向がわかる

選択した時間足のボタンが5つありますが、ボタンをクリックすると転換ラインを表示すると同時に、各時間足のトレンドの方向がどちらに出ているのかを表示することもできます(BUYかSELLで表示)。

なので上位足の転換ラインの方向が下位足でもわかるようなマルチタイムにも対応しています。

 

 

トレンド方向が揃うとアラート通知と矢印サインが出る

アラート通知機能

指定している時間足のトレンド方向がすべて揃うとアラート通知と矢印サインを表示してくれる機能があります。

アラートの設定はパラメーター設定やボタンからオフにすることも可能です。

3つの時間足を指定している場合は、3つの時間足のトレンド方向が揃ったときにのみアラートで教えてくれます。

チャンスになったら教えてくれるので、チャートに張り付く時間も減ります。

私は個人的に矢印サインやシグナル系は好きではありませんが、1時間足、4時間足のAT_Dowのシグナルの精度はかなり高いと思います。

 

 

パラメーターで設定できること

ローソクダウのパラメーター設定

設定する必要があるのは、どの時間足の転換ラインを表示させるかを選択するだけです。

  • 表示する時間足指定
  • ラインの色や形状
  • ボタンの色
  • アラート通知するか
  • ボタンの位置
  • リペイント有無

などを設定することができます。

 

 

トレンド方向や転換が見極めやすいMT4インジケーター「AT_Dow」の実戦的な使い方

ローソクダウを使った分析方法、トレード方法について解説します。

 

ローソクダウで方向を定めてトレンドフォロー

トレンドフォロー

ローソクダウで転換ラインが出現したらトレンドが切り替わる可能性が高いので、基本はその方向にトレードするようにします。

そうすることで値動きに振り回されなくなります。

「AT_Dow」の方向にトレンドフォローという感じです。

この方向の基準があるかないかだけでもトレードのやりやすさが全然違ってきます。

 

私がメインで使っているトレード手法FORとの相性も良く、「AT_Dow」を組み合わせて使っています。

自分が監視している時間足でのトレンド方向が揃っていると、その方向に伸びやすいということもあるので、上位足のトレンド方向と下位足のトレンド方向どちらも気にしてみてみてください。

 

 

転換ラインで利食いあるいは逆張り

転換ラインを利食いの目安

転換ラインは強力なサポート、レジスタンスラインだとお話ししました。

転換ラインで反発しやすいということなので、転換ラインに到達で利食いするというやり方ができます。

特に上位足の転換ライン(4時間足以上)は高確率で反発しやすいので、利確の目安や逆張りの目安にすることができます。

 

 

転換ラインを損切ラインの目安

損切ラインの目安

損切ラインの目安にすることもできます。

例えば、「AT_Dow」が示すトレンドフォローでロングしたのであれば、下に転換ラインが表示されているはずです。

転換ラインはサポートとして機能しやすいので、転換ラインの下に損切ラインを置き、そこを下抜けで撤退という感じにすることもできます。

 

 

マルチタイムフレーム分析で各時間足のトレンド方向を見極める

「AT_Dow」は1つのチャートに各時間足の転換ラインを表示させることができるので、マルチタイムフレーム分析がしやすくなっています。

1時間足に1時間足の「AT_Dow」のみの表示です。

 

1時間足に1時間足と4時間足の「AT_Dow」を表示しました。

どちらの方向も下向きで、MAもダウも下向き。

 

さらに日足の「AT_Dow」を追加です。全てSELLと表示されています。上位足全てがした目線ということがわかりますよね。

マルチタイムフレーム分析でトレンド方向を定めたあとは、自分のトレード手法で値幅を抜いていくだけです。

 

【「AT_Dow」の実戦的な使い方まとめ】

  • 「AT_Dow」が示すトレンド方向にトトレンドフォロー
  • 転換ラインを利食いの目安
  • 転換ラインを損切の目安
  • 各時間足の転換ラインを表示させて、マルチタイムフレーム分析

「AT_Dow」の購入はこちら

 

 

トレンド方向や転換が見極めやすいMT4インジケーター「AT_Dow」のおすすめのトレード方法

 

トレード手法FORと組み合わせる

FXコミュニティトレード手法FOR

対応通貨ペア 全ての通貨ペア(ビットコインなどの仮想通貨もOK)
トレードスタイル 全トレードスタイル対応
テクニカル指標 移動平均線、フィボナッチリトレースメント、4本値、限界運動量
時間足 日足、4時間足、30分足(1時間足以下)を基本
勝率 60~70%(人による)
その他の特徴 トレード方向、エントリー、決済の基準が明確なトレード手法

私がメインで使っているトレード手法で、運営しているFXコミュニティで紹介しています。

基準が明確なので、再現性のあるトレード手法です。

MAと4本値、ローソクダウで方向感、フィボナッチと限界運動量で利食い、全員が同じ基準で取引するので誰でも同じようにトレードできる手法となっています。

 

FORと「AT_Dow」の相性は良く、私は愛用しています。

 

 

「AT_Dow」専用トレード手法【1HAT】

インジケーター「AT_Dow」をご購入された方のみの限定特典トレード手法になります。

 

 

あなたのトレード手法と組み合わせる

あなたがすでにトレード手法を確立させているのであれば、そのトレード手法と組み合わせて使うこともできます。

今までのトレンド方向の基準に「AT_Dow」をプラスして考えるという感じで使っていきます。

それに加えて転換ラインをサポート、レジスタンスラインとして使うのも良いと思います。

ロジック的にあまり手法を選ばないインジケーターだと思っているので、もし良かったらあなたの手法の仲間に入れてあげてください。

 

 

例えば、某有名トレーダーさんの手法と組み合わせる

FX〇smのO川さんのMTFMAを使った有名なトレード手法とAT_Dowを組み合わせてみました。

他の手法との相性も気になりますよね。

この手法でショートするポイントでしっかりとAT_Dowで下降トレンド方向になっています。

MA以外のトレンド方向の基準が加わることで根拠が増えて、自信を持ってトレードすることができます。

 

AT_Dow上向きで切り上げ中。

 

AT_Dow下向きからの上向きに転換。MTFMAの位置とAT_Dowの向きがよく分からなくなっている時は触らないという判断ができるようになります。

このような感じで、どの手法にもトレンド方向の基準を1つ増やすという感じで使うことができるのではないかと思っています。

 

「AT_Dow」の購入はこちら

 

 

トレンド方向や転換が見極めやすいMT4インジケーター「AT_Dow」を動画で解説

 

 

トレンド方向や転換が見極めやすいMT4インジケーター「AT_Dow」の【5つの購入特典】

購入していただいた方限定で特典を無料でプレゼントさせていただきます。

 

購入特典1.検証ソフトFT5用「AT_Dow」カスタムインジケーター

検証ソフトft5AT_Dow

新しいテクニカルは検証しなければどうやって使えば良いのかもわかりませんよね。

検証ソフトFT5で使用することができる「AT_Dow」をプレゼントさせていただきます。

 

dllというファイルは検証ソフトFT5、4用のインジケーターです。

FT5→挿入→新規インジケーター→インストールで使うことができます。

 

 

購入特典2.「AT_Dow」のロジック&使い方解説動画

AT_Dowロジックと使い方

「AT_Dow」のロジックを解説している動画と「AT_Dow」をどのように使えば良いのか解説している動画をプレゼントさせていただきます。

こちらの動画でパラメーターの設定方法やインジケーターの使い方説明もしています。

 

 

購入特典3.「AT_Dow」専用トレード手法【1HAT】の解説動画

AT_Dowトレード手法1HAT

「AT_Dow」がメインのトレード手法【1HAT】の解説動画をプレゼントさせていただきます。

損切、方向、エントリー、利食いなどの基準が明確なトレード手法なので、わかりやすいトレード手法だと思います。

専用テンプレートも用意しています。

 

 

購入特典4.FXコミュニティYTC参加権

FXコミュニティ参加権利

インジケーター「AT_Dow」をご購入していただいた方限定でFXコミュニティの参加権をプレゼントさせていただきます。

通常コミュニティ入会に入会費5万円をいただいていますので、かなりお得になっています。

※こちらの特典は告知なく終了します。

 

 

購入特典5.サポート専用ディスコードに招待【永久サポート】

インジケーター永久サポート

インジケーター「AT_Dow」への質問や使い方に関することを、専用ディスコードでいつでも無制限に質問することができます。

 

 

ゴゴジャンのインジケーターランキングに

 

 

トレンド方向や転換が見極めやすいMT4インジケーター「AT_Dow」のダウンロード方法

「AT_Dow」をあなたに合った方法でダウンロードして下さい。

 

ダウンロード方法 1.購入【特典付き】 9/25販売開始予定 3日間限定価格

FXを始めとした投資情報やEA、インジケーターの販売所として最大規模のサービスを行っているゴゴジャンという会社でインジケーターを販売しています。

 

「AT_Dow」の購入はこちら

※月間の販売数に制限を設けています。

※キャンペーンは事前予告なく終了する場合がございますのでご了承ください。

 

 

ダウンロード方法 2.FXコミュニティに参加

FXコミュニティを運営しています。参加された方は無料でダウンロードできます

 

 

ダウンロード方法 3.FXスクールに参加

FXスクールを運営しています。参加された方に無料でプレゼントしています。

 

 

ダウンロード方法 4.Twitterのプレゼント企画で受け取る

定期的にTwitterでプレゼント企画を行っていますので、良かったらフォローして下さい。

Twitter

「AT_Dow」の購入はこちら

 

 

トレンド方向や転換が見極めやすいMT4インジケーター「AT_Dow」のよくある質問

 

リペイントはありますか?

リペイントはパラメーターの設定からありかなしか選択することができます。

 

 

MT5で使えますか?

MT4用になります。

MT5用のインジケーターも検討中です。

 

 

検証ソフトFT5では使えますか?

FT5用の「AT_Dow」を購入特典にありますので、そちらをFT5に入れてお使いください。

dllファイルというファイルがFT5、FT4用「AT_Dow」になります。

 

 

dllファイルはどこに入れたらいいですか?

dllファイルの「AT_Dow」は検証ソフトFT5用になります。

ボタンは表示できなくなっていまして、シンプルに表示している時間足の転換ラインを表示できるようになっています。

dllというファイルは検証ソフトFT5、4用のインジケーターです。

FT5→挿入→新規インジケーター→インストールで使うことができます。

 

 

ボタンの位置やサイズ、色の変更はできますか?

できます。

  • ボタンサイズの変更
  • ボタン位置の変更
  • ボタンクリック時の色の変更
  • ボタンの文字サイズの変更

全てパラメーターから設定可能です。

「AT_Dow」の購入はこちら

 

 

 

 

【著作権について】 当コミュニティYTCは著作権法で保護されている著作物です。 下記の点にご注意戴きご利用下さい。本講座の著作権はyaniに属します。 著作権者の許可なく、本講座の全部又は一部をいかなる手段において も複製、転載、流用、転売等することを禁じます。本講座の閲覧をもって下記の事項に同意したものとみなします。本講座は秘匿性が高いものであるため、著作権者の許可なく、このコンテンツの全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。 著作権等違反の行為を行った時、その他不法行為に該当する行為を行った時 は、関係法規に基づき損害賠償請求を行う等、民事・刑事を問わず法的手段 による解決、強制退会を行う場合があります。本講座に書かれた情報は、作成時点での著者の見解等です。著者は事前許可を得ずに誤りの訂正、情報の最新化、見解の変更等を行う権利を有し ます。本講座の作成には万全を期しておりますが、万一誤り、不正確な情報等 がありましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任負わないことをご了承願います。本講座のご利用は自己責任でお願いします。本講座の利用することにより生じたいかなる結果につきましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任を負わないことをご了承願います。

タイトルとURLをコピーしました