フィボナッチリトレースメントを自動で表示するインジケーター(MT4用)

  • フィボナッチリトレースメントを自動で引いてくれるインジケーターが欲しい
  • 効くポイントに自動で引いてくれるフィボナッチツールが欲しい
  • フィボナッチリトレースメントを今日、前日、今週、先週、先月、今月、今年、前年に自動で表示するインジケーターはある?
  • フィボナッチリトレースメントのラインを色分けできるインジケーターは?

このような疑問が解決できる記事となっています。自動でフィボナッチリトレースメントを表示してくれるインジケーターについて説明します。

 

 

FXコミュニティYTCで環境認識方法やトレード手法が学べる

ブログ運営者Yaniが運営しているFXコミュニティです。

  • オリジナルインジケーター多数
  • オリジナルテクニカル指標多数
  • トレード手法FOR
  • 環境認識シナリオ方法
  • 資金管理方法
  • トレード学習システム

勝ちトレーダー輩出しています。

FXコミュニティYTCとは?

フィボナッチリトレースメントを自動で引いてくれるMT4インジケーター「All_High_Low_FR」とは?

MT4インジケーター「All_High_Low_FR」はフィボナッチリトレースメントを自動で各時間足の高値と安値に表示してくれるオリジナルのインジケーターです。

【フィボナッチリトレースメントの新しい4つの使い方】解説動画が特典で付いてきます。

【特典動画の内容】

  1. 今の波動がどこまで伸びるかを予測
  2. 今のローソク足(例えば今日)がどこまで伸びるか予測
  3. フィボナッチリトレースメントを使って押し目買い(戻り売り)しようと思ったけど、逆に動いた場合どこまで伸びるか
  4. 波動の法則性をフィボナッチ

 

 

フィボナッチリトレースメントを自動で表示するツールを動画で解説

 

 

マルチタイムフレーム分析がしやすい

自動で各時間足の重要な高値と安値にフィボナッチリトレースメントを引いてくれるので、マルチタイムフレーム分析がしやすくなっています。

そして、特典動画の使い方をすることで、各時間足でどこまで値幅が伸びるかが予測しやすくなるので、大きな値幅を取ることも可能になります。

このインジケーターの詳細を説明していきます。

 

 

フィボナッチリトレースメントを自動表示してくれるMT4インジケーター「Auto_High_Low_FR」の特徴

 

1:わかりやすい重要な高値と安値にフィボナッチリトレースメントを自動で引いてくれる

  • 本日の高安
  • 前日の高安
  • 今週の高安
  • 先週の高安
  • 今月の高安
  • 先月の高安
  • 今年の高安
  • 前年の高安

 

なぜ本日とか前日なの?と思う人もいると思います。

ここで説明すると長くなるので全ては説明しませんが、現在のローソク足が1つ前のローソク足の高値、安値を更新するかしないか、1つ前のローソク足に対しての押し、戻りは自然と意識されるものです。

 

誰もが注目しているポイントにフィボナッチリトレースメントを引くことで、チャートの見方が変わります

私はこのフィボナッチリトレースメントだけで今日の値動きをある程度予測することもできます。これは特典動画で説明しています。

 

明確な基準がないフィボナッチの引き方をしてしまうと、一貫したトレードや分析ができなくなるので、あまりおすすめしません。

例えば、「なんとなく効いてそうな高安にフィボナッチリトレースメントを引く」みたいな感じです。これだと再現性は全くありません。

 

さらに各時間軸のフィボナッチリトレースメントを同時に表示させることもできます。

マルチタイムフレーム分析がしやすいのがわかると思います。

 

 

2:自動なので引く、消す手間が省ける

使うと分かりますが、使い慣れるといちいちフィボナッチリトレースメントを引くことや消すのが面倒になります。

かなり便利なツールです。

各時間軸のフィボボタンがついているので、見落とすことがなく、毎回一貫した相場分析をすることができるようになります。

 

 

3:表示するフィボナッチ比率(レベル)はパラメーター設定から変更可能

デフォルトでは38.2、61.8、138.2、161.8、200、-38.2、-61.8、-100ですが、パラメーター設定で別の数値を入力すれば、他のフィボナッチ比率を表示させることもできます。

個人的にはあまり多くを表示すると、チャートが見にくくなるのでおすすめしません。

 

 

4:フィボナッチリトレースメントのラインの色分け、形状もパラメーター設定から変更可能

フィボナッチリトレースメントのラインは設定可能です。

時間足別でも色分けできますし、フィボナッチリトレースメントの38.2、61.8の色と0、100の色は別にすることもできます。

 

 

フィボナッチリトレースメントを自動表示してくれるMT4インジケーター「Auto_High_Low_FR」の使い方

 

1:インジケーターを入れると右上に「F/R」ボタンが表示

右上にF/Rというボタンが表示されます。

 

 

2:「F/R」ボタンをクリックするとボタンが開く

ボタンをクリックすると、各時間足のボタンが表示されます。

 

 

3:フィボナッチリトレースメントを表示させたい時間足のボタンをクリック

今日、昨日、今週、先週、今月、先月、今年、前年のボタンをクリックすると、高値と安値にフィボナッチリトレースメントを引いてくれます。

左となりに×が表示されますので、×をクリックするとフィボナッチを消すことができます。

「F/R」のボタンの上にある消去ですべて消えます。

 

※新しく一番下に「ボタンを隠す」というボタンを設置しました。このボタンを押すと、フィボナッチリトレースメントを表示させたままボタンを隠すことができます。

 

 

4:別の時間足のフィボナッチリトレースメントも同時に表示可能

1つの時間足に別の時間軸のフィボナッチリトレースメントを表示させることができます。

このチャート画像は30分足に今日の高安と今週の高安にフィボナッチリトレースメントを表示させています。

マルチタイムフレーム分析がしやすくなります。

 

 

アップデート内容

  • ボタンクリックで色が変わる
  • ボタン横の×ボタンの排除
  • ボタンのサイズ変更可能
  • ボタンの配置変更可能
  • フィボナッチのラインの色分け可能

 

 

フィボナッチリトレースメントを自動で表示するインジケーターの注意点

  • MT4のみで使用可能
  • 難しいインジケーターではないので、誰でも使いこなせます

わからないことがあれば、TwitterのDMやLINE@からお問い合わせ下さい。

 

 

フィボナッチリトレースメントを自動表示してくれるMT4インジケーター「Auto_High_Low_FR」のメリット

このフィボナッチリトレースメントのインジケーター+特典動画でどのようなメリットがあるのかを説明します。

 

メリット① どこまで値幅が伸びるかわかってくるので、利食いの目安がわかりやすくなる

「新しいフィボナッチの使い方解説動画」を見れば値幅がどこまで伸びるかをある程度予測することができるようになります。

値幅観測のE計算やN計算とも似たような考え方なので、伸びる価格をピンポイントで予測することも可能です。

利食いが上手くなりますよ。

 

 

メリット➁ 今日、今週、今月の値動きを予測しやすくなる

このフィボナッチを使えば、今日、今週、今月の値動きの予測ができるようになります。

例えば、デイトレードの場合、今日のレンジ幅がわかれば、どの方向にどこの価格帯までトレードすれば良いのか戦略を立てやすくなります。

スイングトレードなら今週の値動きがわかれば良い訳ですよね。

 

 

メリット③ 同じ基準で相場をマルチタイムフレーム分析できるようになる

メリット➁を各時間足で行うことで、マルチタイムフレーム分析することができます。

各時間軸での値動き予測ができるようになるので、高値つかみ安値つかみもしにくくなります。

さらにVolineという限界運動量を自動で表示してくれるインジケーターを組み合わせて使うことで、より精度を上げることができます。

 

 

メリット④ 自動でフィボナッチリトレースメントを引いてくれるのでとにかく楽

決まった基準でフィボナッチリトレースメントを自動で引いてくれるので、手間が省けます。

インジケーターというのはそもそも手間を省いてくれるツールなので当然と言えば当然ですが。

 

 

インジケーター「自動フィボナッチリトレースメント」の2つの購入特典

 

購入特典1.「フィボナッチリトレースメントの新しい4つの使い方」動画解説

【特典動画の内容】

  1. 今の波動がどこまで伸びるかを予測
  2. 今のローソク足(例えば今日)がどこまで伸びるか予測
  3. フィボナッチリトレースメントを使って押し目買い(戻り売り)しようと思ったけど、逆に動いた場合どこまで伸びるか
  4. 波動の法則性をフィボナッチ

 

 

 

購入特典2.サポート専用ディスコードに招待【永久サポート】

インジケーター永久サポート

インジケーター「Auto_High_Low_FR」への質問や使い方に関することを、専用ディスコードでいつでも無制限に質問することができます。

 

 

フィボナッチリトレースメントを自動表示してくれるMT4インジケーター「Auto_High_Low_FR」のダウンロード方法【特典】

ダウンロードする方法はいくつかあります。あなたに合った方法でダウンロードして下さい。

 

ダウンロード方法 1.購入【特典あり】

FXを始めとした投資情報やEA、インジケーターの販売所として最大規模のサービスを行っているゴゴジャンでインジケーターを販売しています。

当ブログの下記リンクから購入された方には「フィボナッチの新しい4つの使い方」解説動画をプレゼントしています。

購入はこちら

 

 

ダウンロード方法 2.FXコミュニティに参加

FXコミュニティを運営しています。参加された方は無料でダウンロードできます。

 

 

ダウンロード方法 3.FXスクールに参加

FXスクールを運営しています。参加された方に無料でプレゼントしています。

 

 

ダウンロード方法 4.Twitterのプレゼント企画で受け取る

定期的にTwitterでプレゼント企画を行っていますので、良かったらフォローして下さい。

Twitter

 

 

フィボナッチリトレースメントを自動表示してくれるMT4インジケーター「Auto_High_Low_FR」のよくある質問

 

フィボナッチのボタンは移動できますか?

できます。パラメーターの一番下の設定から変更が可能です。

 

 

フィボナッチレベルはいくつまで設定できますか?半値(50%)は表示できまsか?

表示できるフィボナッチレベルは8つです。

デフォルトでは38.2、61.8、138.2、161.8、200、-38.2、-61.8、-100が表示されます。

私のフィボナッチリトレースメントの使い方で使う数値になっています。

 

パラメーターから設定することでフィボナッチレベルの変更が可能です。

なので半値(50%)の表示もできます。

 

 

アラート通知機能はありますか?

アラート機能はありません。

 

 

このインジケーターで勝てるようになりますか?

なりません。

ただ、特典動画のフィボナッチリトレースメントの使い方とこのインジケーターによって、チャートの見方や分析力はほぼ間違いなく上がると思います。

FXコミュニティ

FXスクール

 

 

【著作権について】 当コミュニティYTCは著作権法で保護されている著作物です。 下記の点にご注意戴きご利用下さい。本講座の著作権はyaniに属します。 著作権者の許可なく、本講座の全部又は一部をいかなる手段において も複製、転載、流用、転売等することを禁じます。本講座の閲覧をもって下記の事項に同意したものとみなします。本講座は秘匿性が高いものであるため、著作権者の許可なく、このコンテンツの全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。 著作権等違反の行為を行った時、その他不法行為に該当する行為を行った時 は、関係法規に基づき損害賠償請求を行う等、民事・刑事を問わず法的手段 による解決、強制退会を行う場合があります。本講座に書かれた情報は、作成時点での著者の見解等です。著者は事前許可を得ずに誤りの訂正、情報の最新化、見解の変更等を行う権利を有し ます。本講座の作成には万全を期しておりますが、万一誤り、不正確な情報等 がありましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任負わないことをご了承願います。本講座のご利用は自己責任でお願いします。本講座の利用することにより生じたいかなる結果につきましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任を負わないことをご了承願います。

・ローソク足1本の値幅の限界値を示す「Voline」
・資金管理インジケーター「Lots_manager」
・自動フィボナッチ「All_HighLow_FR 」
・移動平均線を使った新しい値幅観測論「abc」
・トレンド方向を簡単に認識「ローソクダウ」
・マンツーマンのコンサル
・10万円→1000万円達成したトレード手法「FOR」
・トレード学習システム
・チャート分析、トレード実況動画の配信
・YTC流環境認識方法

オリジナルインジケーター
yaniblog

comment

タイトルとURLをコピーしました