ヘッドアンドショルダー(三尊)を使ったトレード手法とは?

  • ヘッドアンドショルダー(三尊)とは何なのか
  • ヘッドアンドショルダー(三尊)を使った手法
  • ヘッドアンドショルダー(三尊)はどのような心理が働いて形成されているのか

このような疑問が解決できる記事となっています。

FXにおけるヘッドアンドショルダー(三尊)の使い方や心理、トレード手法について初心者にもわかりやすく解説します。

 

 

【この記事を書いているYaniの実績】

Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。


 

 

 

 

【FX】ヘッドアンドショルダー(三尊)とは?

ヘッドアンドショルダー(三尊)の手法

 

ヘッドアンドショルダーはよく出現するチャートパターン

ヘッドアンドショルダー(三尊)、逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)はかなり出現率の高いチャートパターンです。

ヘッドアンドショルダー(三尊)

ヘッドアンドショルダー(三尊)

逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)

逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)

※ここからはヘッドアンドショルダーのみの説明をします。(その逆が逆ヘッドアンドショルダーと思って下さい)

ヘッドアンドショルダーは3つの山があるチャートパターンで、名前の通り左の山が左肩、真ん中が頭、右の山が右肩で、ヘッドとショルダーです。

トリプルトップも3つの山から成るチャートパターンですが、ヘッドアンドショルダーは真ん中の頭が他の肩よりも高い位置にあるのが特徴です。

 

チャート画像の水平ラインはネックラインと呼ばれています。

ヘッドアンドショルダーはトレンドの転換点で出現しやすいです。ヘッドアンドショルダーは天井圏、逆ヘッドアンドショルダーは大底圏ですね。

 

ヘッドアンドショルダーのネックラインと右肩、左肩で心理がわかる

ヘッドアンドショルダーはネックライン、右肩、左肩の位置が重要になります。

 

ネックライン、肩切り揃えパターン

ネックラインと左右の肩が切り揃えている綺麗なヘッドアンドショルダー。肩のラインがサポレジラインになっていてとりやすいパターンですね。

サポレジが効いていると、優位性が高く取りやすいことが多いです。

 

ネックライン切り上げ、両肩切り揃えパターン

次は、肩は切り揃えたけど、ネックラインが切り上がったヘッドアンドショルダーです。

最初の安値まで到達してなく、ネックラインを切り上げた状態、そこまで強い売りがなかったことがわかります。

 

右肩を作った後はネックラインを割って下げていきましたが、前回安値までは到達していませんね。

そこまで売り圧力が強くなかったのでしょう。こんな感じでネックラインの位置で、売買圧力を感じることが可能です。

 

ネックライン、両肩切り揃えパターン

ネックライン、右肩どちらも切り下げパターン。

頭を作った後、最初の安値(左のネックライン)を割って上昇するも、売り圧力が強くて左肩のラインまで到達せずに下落しています。

 

このパターンは結構期待度が高いですね。

逆三尊の場合はネックライン、右肩切り上げパターンが優位性が高いことが多いです。

 

ネックライン切り揃え、右肩下がりパターン

最後にネックラインは切り揃え、右肩下がりのヘッドアンドショルダー。

これも優位性が高いパターンだと思います。

切り下げたということは、買いの圧力が弱く、売り圧力が強めと判断することができるので、ヘッドアンドショルダーが機能しやすくなっています。

 

【FX】ヘッドアンドショルダー(三尊)を使ったトレード手法

ヘッドアンドショルダーのどこで売買して、どこで利確、損切をしたら良いのか。

 

ヘッドアンドショルダーのスタンダードな手法

  • ネックラインを引いたら、①と②のサポレジラインを引いて、③まで引き付けてエントリー
  • 利確は④、損切は④の半分の値幅or頭の少し上

しっかりとサポレジになっているのが条件ですね。

ネックラインが切り上げてきたら、エントリーは見送っても良いと思います。

 

ヘッドアンドショルダーのスタンダードな手法2

  • ネックラインを明確に割ったらエントリー
  • 利確ポイントは前回安値、損切ポイントはその半分or前回高値の少し上

肩でエントリーではなく、ネックラインを割ったらエントリーのパターンです。かなり形が出来上がってからのエントリーになるので、若干遅い気もします。

ネックラインを明確に割ったらというのは、見ている時間軸のローソク足の終値で割るという意味です。

 

実体で超えればエントリーという基準にします。この基準がないと、ラインを過ぎたらすぐにエントリーになってしまうので、反発で狩られることが多いと思います。

利確の前回安値があまりにも値幅がある場合は、その手前の意識されそうなサポレジラインなどを目安にしても良いと思います。

 

ヘッドアンドショルダーのスタンダードな手法3

  • ネックラインを割って、ネックラインまで戻ってきたらエントリー
  • 利確ポイントは前回安値、損切ポイントはその半分or前回高値

一旦ネックラインを割るのを見過ごしてから、そこまで強くない戻りを確認してから、ネックラインまで引きつけてエントリーします。

この場合はネックラインをどのくらい割ったか、割った後の戻り方が重要です。

ネックラインを割ってかなりの値幅下がっていったなら、エントリーは見送り、割った後の戻りがかなり強そうなら見送っても良いです。

 

ヘッドアンドショルダーとMAやトレンドラインを使った手法

  • ネックラインを割ってからの戻り
  • トレンドライン3回目
  • 75MA割ってから戻り(グランビルの法則)

3つの条件を全て満たす必要はなく、どれかだけでも十分だと思います。このチャート画像のように、根拠がいくつも重なっている場合は優位性が高いです。

これはネックライン切り下げたので、右肩下がりが予想されるのであれば、打診で75MAでショートしてみるのも良いと思います。

分割エントリーするのであれば、75MAあたりから売っていくのはアリです。

 

時間足を利用したヘッドアンドショルダーの手法

1時間足のヘッドアンドショルダーです。右肩の黒い枠の部分を15分足で見てみます。

右肩もヘッドアンドショルダーになっています。これをフラクタル構造といいます。

フラクタル構造を活用して、右肩のチャートパターンでトレードしていく手法です。こんなパターンもあります。

「フラクタル構造の基本とトレード手法」

同じく1時間足のヘッドアンドショルダーです。そして右肩の15分足を見てみます。

ダブルトップになっています。さらに黒〇でサポレジラインにもなっています。

上位足でのチャートパターンを確認して、エントリーは下位足のチャートパターンでエントリーしていく手法です。

 

エントリー位置は今まで説明した通りで、利確は伸ばせるなら上位足での利確ポイントまででも良いと思います。

ダブルトップを使った手法は「【FX】ダブルトップ、ダブルボトムの手法を紹介します」こちらの記事で紹介していますので、読んでみて下さい。

 

 

トレンドに逆らわない、ヘッドアンドショルダーを使った手法

1時間足レベルで下降トレンドを確認します。黒い枠を5分足で見てみます。

三尊ができていましたね。上位足でのトレンドには順張り、下位足では逆張りの手法です。

なので上位足が上昇トレンド中であれば、逆ヘッドアンドショルダーでトレードします。

この手法はかなり使えて、今までのすべての手法をこのやり方で使っていけば、かなり優位性の高いトレードができると思いますよ。

 

ヘッドアンドショルダーのダマし

ヘッドアンドショルダーにもダマしと呼ばれるものがあります。

エントリーしたはいいものの、すぐに損切です。

損切したと思ったら目標の利確ポイントまですぐに到達。悲しすぎますね。ロスカットを狩ってから本当に行きたい方向に行くのが相場です。

これを回避するにはどうすれば良いのでしょうか。

  • 見ている時間軸のローソク足の終値が完成するまで待つ
  • 回避しない

1時間足でヘッドアンドショルダーを確認したのであれば、1時間足が完成するのを待って、実体が損切ラインを超えているのであれば、そこでようやく損切します。

ただ、損切が遅れてしまう可能性もありますので注意。

 

私は回避しません。ダマしかどうかなんて誰にもわかる訳ないと思っているので、自分の決めた基準で損切して、行きそうなら再度エントリーし直すか、見送って悔しがります。

ダマしかと思って待っていたら、高値を超えていって、損切ができず含み損が膨らんでいくなんてよくあることです。

 

ただ手法通りやれば良いという訳ではない

今回紹介した手法通りにトレードすれば勝てるというのは甘い考えです。

これらの手法はきっかけにすぎません。そこから自分だけが知る、自分のオリジナルの手法やルールを組み立てていくことがトレードで勝てる様になるコツです。

 

例えば、MA、RSI、MACDなどのオシレーター、フィボナッチなどを併用してみたり。

過去のヘッドアンドショルダーのパターンを確認し、目に焼き付けることも必要だと思います。

 

 

またヘッドアンドショルダー、逆ヘッドアンドショルダー以外にもチャートパターンはいくつも存在します。

  • 他にどんなチャートパターンがあるのか
  • どんな相場で出現しやすいか
  • どんな心理が働いているのか

 

私が使っているトレード手法、資金管理、メンタル管理については、下記の公式LINE@でコミュニティに参加していただいた方限定で公開しています。

  • トレード手法の紹介
  • トレード動画の配信
  • トレード解説の配信
  • シナリオ&環境認識の配信
  • マンツーマンのコーチング
  • 会員限定ディスコードへの招待

 

まとめ

皆さんがヘッドアンドショルダー、逆ヘッドアンドショルダーを使ったトレードで、上手く資金を増やせていけることを願っています。

comment

タイトルとURLをコピーしました