FXで借金地獄になる可能性は?原因は?

  • FXで借金することってあるの?
  • FXで借金をしてしまう原因、理由は?
  • FXで借金をしないようにするにはどうしたら良い?

このような疑問が解決できる記事となっています。FXで借金をする原因、ほとんどしない理由、借金の返済方法、借金をしない方法について、初心者にもわかりやすく解説していきます。

 

FXコミュニティYTCで環境認識方法やトレード手法が学べる

ブログ運営者Yaniが運営しているFXコミュニティです。

  • オリジナルインジケーター多数
  • オリジナルテクニカル指標多数
  • トレード手法FOR
  • 環境認識シナリオ方法
  • 資金管理方法
  • トレード学習システム

勝ちトレーダー輩出しています。

FXコミュニティYTCとは?

FXで借金をすることはあるけど、ほとんどない理由

FXで借金する可能性はありますが、借金をする可能性はかなり低いです。まずはなぜ借金をする可能性は低いのかということから説明していきたいと思います。

強制ロスカット

口座には強制ロスカットというシステムがあります。

証拠金維持率が一定以下になると、強制的にポジションが決済されることを言います。

 

FX会社によって強制ロスカットになる維持率のラインは異なります。強制ロスカットがあるおかげで、口座資金以上の損失を出さないで済みます。

強制的に決済されなかったら、いつまでも含み損が膨らんでしまい、とてつもない損失額になってしまいますよね。

それを防ぐための強制ロスカットです。

 

ゼロカット

ゼロカットシステムというのは、いくらマイナスになったとしても、口座資金以上にマイナスになることがないというシステムです。

後で説明しますが、強制ロスカットが発動されない時やロスカットが遅れてしまうことがあります。

 

そのような場合、口座資金以上に損失をだしてしまうことになるので、追証を求められます。

それを防ぐためにゼロカットシステムがあり、口座資金以上の損失はFX会社が負担してくれます。

 

ゼロカットシステムは海外FXで採用されていて、国内FXでは採用されていません。

強制ロスカットはどちらも採用されています。

 

 

FXで借金地獄になる原因

fx借金する原因

では次にFXで借金をしてしまう原因について解説していきます。

急激な変動で強制ロスカットにならない

先ほども話しました通り、強制ロスカットが発動されないことがあります。

その原因となるのは、相場の急激な変動であったり、システムトラブルなどがあります。

 

気付いたら口座残高がマイナスに表示されていて、気付いた時に決済されるので、マイナスになり追証が求められます。

追証を払えなければ借金をして払わなければいけません。

フラッシュクラッシュやスイスフランショックなどの急激な変動はいつ起こるかわかりませんし、いつでも起こる可能性はあります。

 

窓開けで逆指値にかからない

週明けの相場は窓を開けて始めることがあります。通常はそこまで大きな窓は開けませんが、場合によっては100pips以上開けて始めることも。

逆指値注文を入れていても、窓開けすると注文を飛ばしてしまう可能性があります。レートがたまに飛びますが、注文の上を飛び越えていくので、注文が通りません。

 

なので大きな窓開けがある場合、いつまでも損失が膨らんでいくことも可能性としてあります。

すぐに窓を埋めに来れば良いのですが、埋めずに伸び続けることもあるので、注意が必要です。

 

追証

追証というのは証拠金が不足していて、追加で証拠金を要求されることを言います。

海外FXでは追証がなく、国内FXのみとなっています。

 

クレジットカードで追加入金

強制ロスカットに近づいてきたので、避けるために証拠金を入金します。

避けることができれば良いのですが、結果強制ロスカットになって、クレジットカードが払えなければ借金をすることになります。

払える範囲で行えば良いのですが、一か八かの勝負で入金すると大変な目にあいます。

 

消費者金融でお金を借りてトレードする

どうしても短期間でお金を増やしたくて、消費者金融でお金を借りてトレードして、負けた場合は借金だけが残ります。

上記の追加入金するために消費者金融でお金を借りてトレードするのも同じです。

 

そもそもFXは余裕資金で取引するというのは前提なので、お金を借りてまでするものではありません。

そんな切羽詰まった精神状態で勝てる訳もないので、絶対にやめましょう。

 

 

FXでできた借金を返す方法

もしFXで借金をしてしまった場合、どのように返済していけば良いのかいくつか紹介します。

働いて地道に返す

借金をしてしまったものは仕方ないので、諦めて地道に返済していきましょう。

FXで一気に取り返して、一気に返済するという考えは破滅するので、絶対にやめましょう。

その期間はFXは休んだ方が良いでしょうね。

 

資産を売却して返す

資産があるのであれば、それを売却して返済するのも1つの方法です。

間違っても資産を売却したお金でトレードはしないように。

 

身内から借りる

家族や親族に頭を下げてお金を借り、返済にあてます。

同じことを繰り返さないように、周りにもプレッシャーをかけてもらいましょう。

 

自己破産する

どうしても払えない場合は自己破産するしかありません。

詳しくは弁護士に相談下さい。

 

 

FXで借金をしないようにするには

FXで借金をしないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

ゼロカットシステムがあるFX口座を使う

追証が借金の原因の1つであるのであれば、追証がないFX口座を使うようにするしかありません。

相場でいつ急激な変動が起こるかは誰にもわかりませんが、結構頻繁に起こることは間違いないです。

それを回避するならゼロカットシステムがある海外FX口座を利用して、リスク管理していくしかないでしょう。

 

ポジションを持ち越さない

ポジションを次の日に持ち越すと、窓開けや急激な値動きに巻き込まれる可能性があるので、その日でトレードを完結するようにするのもリスク管理の1つです。

ポジションは長く持てば持つほど、リスクに晒しておくことになるので、スイングトレードは実は結構リスキーだったりします。

 

負けを受け入れる

負けを受け入れることができれば、追加入金、消費者金融でお金を借りてまで、損切を回避しようとはしないはずです。

損切の癖をつけるようにして、負けることを受け入れましょう。

「損切を絶対にする方法」

 

高いレバレッジをかけないでトレードする

レバレッジをかけ過ぎると、窓開け、大きな値動きで全てを失う可能性があります。

それすらも想定内のレバレッジでトレードしておくことで、マイナスにはならずに済みます。

 

口座に少額しか入れておかない

根本的な解決にはなりませんが、少額しか口座に入れておかなければ、マイナスになったとしても知れていると思います。

資金が少し増えたら出金、また増えたら出金を繰り返すだけでも、預金口座を増やすことはできます。

 

FXコミュニティ

FXスクール

 

 

まとめ

  • FXで借金をするパターンは、追証かクレジットカードor消費者金融
  • どちらも回避することはできる

皆さんがFXで借金をせずに、上手く資金を増やせていけることを願っています。

・ローソク足1本の値幅の限界値を示す「Voline」
・資金管理インジケーター「Lots_manager」
・自動フィボナッチ「All_HighLow_FR 」
・移動平均線を使った新しい値幅観測論「abc」
・トレンド方向を簡単に認識「ローソクダウ」
・マンツーマンのコンサル
・10万円→1000万円達成したトレード手法「FOR」
・トレード学習システム
・チャート分析、トレード実況動画の配信
・YTC流環境認識方法

FX悩み
yaniblog

comment

タイトルとURLをコピーしました