レバレッジの意味と使い方とは?分かりやすく解説

  • 「レバレッジって結局何?」
  • 「レバレッジって危険?」
  • 「レバレッジってどうやって使えばいいの?」

レバレッジについて疑問がある方へ。 この記事では「FXのレバレッジ」について、初心者にもわかりやすく解説してしています。

FXの勉強をしようと思っている方や始めている方は、この記事でレバレッジの知識を身につけていただければと思います。

 

 

【この記事を書いているYaniの実績】

Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。


 

 

 

 

【FX】レバレッジの意味とは?分かりやすく解説

レバレッジとは

FXレバレッジの仕組み

ものすごく簡単に説明すると、FXのレバレッジ(leverage)は少ない資金でも、大きな資金があるかのように取引できる「てこ」みたいな仕組みとなっています。

元手以上の取引ができる…?なんでそんなことをしてくれるか不思議ですよね。ですがレバレッジはFX以外にも色々なところに存在しています。

 

例えば、クレジットカード車や住宅などのローンも同じような仕組みです。手元にお金がなくても購入することが可能ですよね。

レバレッジはお金(証拠金)を担保にそれ以上の大きな金額を取引でき、クレジットカードは信用を担保にお金を借りています。

 

FXのレバレッジは手元にある資金の何倍もの金額を取引できるといった仕組みになっています。

例えば1ドル100円だとして、1万ドルの取引をするとしたら、100万円の証拠金が必要になります。ですがレバレッジ10倍だと10万円の証拠金で1万ドルの取引をすることが可能になります。

この状態を10倍のレバレッジを「かけてる」「利かせてる」などと言います。何倍までレバレッジをかけることができるかは後ほど説明します。

 

FXのレバレッジの危険性(リスク)

FXのレバレッジは使い方によっては危険があります

レバレッジは諸刃の剣とも言われていて、これはとても良い例えだと思います。使う人によっては強い武器になるし、使い方によっては自分がケガをするかもしれない危険性もあります。

 

レバレッジは本来の資金よりも大きい金額を動かすことでしたね。

高いレバレッジを利かせて大きい金額でFX取引すると、資金が大きく増える可能性もありますし、資金が大きく減る可能性もあります。

 

大きく資金が増減する可能性があるので、リスクがないとは言い切れません。 レバレッジをかけて取引する場合は、それを踏まえた上で取引を行わなければならないのです。

そうでないと資金が一気に減らすリスクはあります。

 

レバレッジをむやみやたらに使うのは危険です。

ですがしっかりとした使い方をすれば、強い武器にすることはできるので、レバレッジとの付き合い方を考えなければいけません。 レバレッジの正しい使い方は後ほど説明します。

 

実効レバレッジと最大レバレッジの違い

  • 最大レバレッジ→FX業者で定めている取引可能な最大のレバレッジ
  • 実効レバレッジ→実際に取引に利用しているレバレッジ

最大レバレッジは、FX業者ごとで違っていて、その業者で最大どれくらいのレバレッジで取引が可能かというものです。

実効レバレッジは、実際に何倍のレバレッジを使って取引しているかです。

あらかじめ最大レバレッジは分かっていて、実効レバレッジは取引する前(ロット調整)にわかることです。

 

FXのレバレッジのメリットとデメリット

FXレバレッジのメリット

FXのレバレッジの1番のメリットは、なんといっても少ない資金で、大金を動かせる投資ができる「資金効率」が良いことです。

1ドル100円の時に100万円の資金でレバレッジ1倍で1万ドルを買って、101円で売ったとします。

この場合利益は1万円になります。

同じ状況でレバレッジ10倍で10万ドルを買って、101円で売ったら利益は10万円になります。

 

同じ資金でもレバレッジを使うだけで大きく資金を増やしていくことが可能なのが、レバレッジのメリットでしょう。

 

さらに投資がしたいけど、大きな資金を用意できないからと諦める必要がなく、元手が少なくてもトレードを始めることができます。

一般人が何億も稼ぐトレーダーになるには、ある程度のレバレッジを使わないと厳しいでしょうね。

 

レバレッジを一切使わずに投資で成功できる人は、おそらく最初からお金持ちの人だけでしょう。一般人が成り上がるにはレバレッジは必須なシステムです。

  • 「少ない資金から始めることができる」
  • 「資金を効率よく増やすことが可能」

 

FXレバレッジのデメリット

リスクについての説明の通りで、使い方を間違えば大きく資金を減らしてしまいます。これがデメリットでしょうね。

ついつい一気に資金を増やしたくなって、高いレバレッジをかけて取引して、証拠金維持率を保てなくなり強制ロスカットなんてことはよくある話です。

要するにFXのレバレッジのメリットとデメリットはその人の使い方次第になります。 

  • 「資金を一瞬で失う可能性あり」

 

FXレバレッジの正しい使い方

FXレバレッジをかけ過ぎない

高いレバレッジをかけて取引した場合、大きく増やすことができれば良いのですが、大きく減ることもあります。

仮に大きく減らしてしまった場合、次に取引する資金がなくなってしまい、取引すらできなくなることもあります。

 

それは本末転倒ですよね。

そうならないように、ある程度許容できる損失額(何度か損失が続いても取引を続けられるよう)を想定してレバレッジをかける必要があります。

ロットのコントロールをしましょう。

 

おすすめのレバレッジ

私のおすすめはある程度大きい資金がある方はレバレッジ10倍程度以下で、資金があまり大きくない方はレバレッジ200倍以下で良いと思います。

 

資金が小さいと全く増えていきませんからね。ある程度のレバレッジはきかせなければいけません。

逆に資金が大きくなってくれば、高いレバレッジをきかせるのは危険なので、かなり制限して良いです。

 

「ここは自信がある」といった場面で高いレバレッジをかけて勝負するのはアリですね。

逆にそうでない場合はレバレッジをかけないなど、状況に合わせてレバレッジをかけることも慣れたらしてみるのも良いと思います。

  • 資金が多い人は10倍以下
  • 資金が多くない人は200倍以下

 

あらかじめレバレッジを制限する

各FX会社の設定で、レバレッジをあらかじめ制限することができます。

10倍が限度だと、それ以上のレバレッジがかからないようになるので、自分でコントロールが難しい方は設定で制限することをおすすめします。

そうすることでむやみなハイレバトレードや無限ナンピンなど避けることができます。

 

FXでレバレッジを使う際の注意点

レバレッジをかける時の注意点を解説します。

レバレッジをかけ過ぎると強制ロスカットされやすい

高いレバレッジをかけると大きい損失を被る可能性があると言いましたね。

仮に限界までレバレッジをかけて取引し、価格が思惑と違う動きをした場合、証拠金維持率が強制ロスカットラインを下回れば強制的に決済されてしまいます。

簡単に言えば証拠金全てを飛ばしてしまう可能性があるということです。

そうならないようにレバレッジのコントロールが必要になります。どんな時に高いレバレッジをかけやすいか説明します。

 

高いレバレッジをかけやすくなる時

レバレッジをかけ過ぎてしまう状況はこんな時です。

  • 損切した後に取り返そうといつもよりレバレッジをかけてしまう
  • 大きく儲けたくてハイレバトレード
  • 無限ナンピンして、いつの間にかハイレバトレード

 

負けたくない欲勝ちたい欲が強い時ですね。

そうならないためには自分のマイルールが必要になります。

 

実際にFXのレバレッジを体験しておこう

レバレッジというものがどのようなものかは理解できたと思いますが、実際に使うとなると別の話です。

実戦で使う前に体験しておくことをおすすめします。

デモ口座で

デモ口座では仮想の通貨で取引することができます。

つまり実際のお金を入金する必要はありません。ゲームみたいなものと思ってもらって良いです。

 

デモ口座でこれくらいのレバレッジをかければどのくらいの損をしたり、利益を出したりできるのかを体験してみましょう。

ハイレバだといくら何億もの資金があっても一瞬で吹き飛ぶ可能性があるということも体験するのも良いと思います。

 

リアル口座だけど少額で

  • 「デモ口座はちょっと…。」
  • 「デモ口座で練習した」

といった方はリアル口座を開設して、最初は少額から始めてみることをおすすめします。

口座によっては、新規で口座を開設するだけでもらえるボーナスがあったりするので、それを利用すると入金せずに取引を行うこともできます。

 

国内FXと海外FXでは最大レバレッジが違う

 

国内FX会社の最大レバレッジ

国内FX業者の最大レバレッジは25倍です。

2018年に10倍まで引き下げられるみたいな話もありましたが、25倍のままとなっています。

昔は最大50倍でしたが、規制が厳しくなり、25倍以上になることはないと思います。

もしレバレッジが10倍になったら国内口座を使う人は減るでしょうね。

 

海外FX会社の最大レバレッジ

海外FX口座では最大3000倍までレバレッジが使える業者があります。

最大レバレッジは業者ごとに違って、888倍まで、500倍まで、400倍、200倍など色々あります。

 

国内の制限に比べたらかなり高いですね。

資金に余裕がある人にはあえておすすめしませんが、成り上がりたい人は海外口座一択でしょう。もちろん私は海外口座を使っています。

最後に海外FX口座のレバレッジ比較をまとめました。

 

レバレッジの高いおすすめの海外FX口座

10社以上の海外FX口座を使った私がおすすめできる、最大レバレッジの高い海外FX業者を比較します。  

 

GEMFOREX

GEMFOREX

最大レバレッジ 1,000倍
ボーナスの種類 新規口座開設、入金、乗り換えキャンペーン
スプレッド 並み
取引手数料 無料
取引ツール  MT4、ミラートレード
取引通貨ペア数 33種類
最小取引単位 1,000通貨
ライセンス ニュージーランドFSP
日本語対応 良い
ゼロカットシステム 有(追証なし)
ロスカットルール 20%以下

GEMFOREXの口座開設はこちら    

 

XM(エックスエム)

XM(エックスエム)

最大レバレッジ 888倍
ボーナスの種類 新規口座開設、入金、XMP
スプレッド 広め
取引手数料 ゼロ口座/片道5ドル、その他は無料
取引ツール MT4、MT5
取引通貨ペア数 57種類
最小取引単位 10通貨
ライセンス セーシェル金融庁など
日本語対応 良い
ゼロカットシステム 有(追証なし)
ロスカットルール 20%以下

XMの口座開設はこちら  

 

TitanFX(タイタン)

TitanFX(タイタン)

最大レバレッジ500倍ボーナスの種類無しスプレッド狭い取引手数料ブレード口座片道3.5ドル、スタンダード口座は無料取引ツールMT4、TitanFXウェブトレーダー取引通貨ペア数57種類最小取引単位1,000通貨ライセンスバヌアツライセンス日本語対応かなり良いゼロカットシステム有(追証なし)ロスカットルール20%以下

TitanFXの口座開設はこちら    

 

LAND-FX(ランドエフエックス)

LAND-FX(ランドエフエックス)

最大レバレッジ500倍ボーナスの種類入金ボーナススプレッド狭い取引手数料ECN/片道3.5ドル、その他無料取引ツールMT4取引通貨ペア数67種類最小取引単位1,000通貨ライセンスなし日本語対応並みゼロカットシステム有(追証なし)ロスカットルール30%以下

Land-FXの口座開設はこちら    

 

 

レバレッジ以外の海外FX口座の詳しい比較情報はこちらの記事にまとめました。

 

現在私が使っているトレード手法、資金管理、メンタル管理については、下記の公式LINE@でコミュニティに参加していただいた方限定で公開しています。

  • トレード手法の紹介
  • トレード動画の配信
  • トレード解説の配信
  • シナリオ&環境認識の配信
  • マンツーマンのコーチング
  • 会員限定ディスコードへの招待

 

まとめ

  • FXレバレッジの意味は「てこ」
  • リスクはあるが、使い方次第
  • おすすめレバレッジは資金が多い人10倍以下、少ない人200倍以下
  • 国内FXと海外FXでは最大レバレッジが違う

皆さんがレバレッジを正しく使って、上手く資金を増やせていけることを願っています。

comment

タイトルとURLをコピーしました