pips(ピプス)の意味とは?分かりやすく解説

  • FXのpipsって何?
  • 10pipsの利益はいくら?
  • pipsで利確、損切ラインを決めて良い?

このような疑問が解決できる記事となっています。FXのpipsの意味や利益、損失の計算方法、損切や利確の位置とpipsの関係について、初心者にも分かりやすく解説していきます。

 

 

ブログ運営者の実績

1日の値幅の限界値を示す

トレード歴は6年目、コンスタントに利益を上げています。

10万円チャレンジ→1000万円達成

インジケーター「Voline」は運営しているFXコミュニティやFXスクールでダウンロードできます。

【FX】pips(Percentage in point)とは?

pipsとは

pipsの意味や読み方

pipsの読み方はピップス、ピプス、ピピなど色々あります。pipsはFXで使われる為替レートの単位です。

最小の通貨の単位で、100分の1という意味です。1円の100分の1は0.01円、つまり1銭です。1銭は1pipsということになります。

 

よくトレーダーが10pipsとか100pipsとか取れたとか言ったりします。ドル円(USD/JPY)以外の他の通貨の取引もしますので、何銭ではなく何pipsの方がわかりやすいのもあります。

ユーロ/ドル(EUR/USD)の最小単位は1ドルなので、1pips=0.0001ドルになります。

 

なんかわかりにくいですよね。基軸通貨のドルでわかりにくいので、マイナー通貨やあまりなじみのない通貨ペアの場合もっとわかりにくいでしょう。

なのでpipsとだけ表現しています。

 

ロット数で1pipsあたりの利益が違う

1ロットで10pips取るのと、10ロットで1pips取った時の利益は同じです。

取れたpipsばかりに注目してもあまり意味はなく、どのロットでどれくらいの値幅が取れるかが重要です。

 

同じpipsでもロット次第で利益は全然変わってきます。

大きな値幅を取るより、小さな値幅を取る方が簡単です。なら取れそうな小さい値幅を取りに行き、大きなロットを張れば資金効率は良いですよね。

ただ、その人のトレードスタイルや張れるロット数にもよるので、自分に合ったトレード方法をするのが一番良いと思います。

 

スプレッドやスリッページなどの取引コスト

スプレッドやスリッページなどの取引コストはpipsで表示されていますね。

1pipsがどのくらいの価値があるかがわかれば、取引コストがどの程度かかっているかがわかります。

 

これらの取引コストも同じで、ロット数次第で1pipsの価値が変わってくるので、取引コストもそれに合わせて変わってきます。

例えば、1万通貨の取引で、スプレッドが1pipsだとすると、100円の取引コストになります。

 

100万通貨の取引で、スプレッドが1pipsだとすると、10,000円の取引コストになります。全然違ってきますよね。

トレードでかかる取引コストにはスプレッドやスリッページ以外にも色々あります。

「FXでかかる取引コストの種類」

 

pipsで利確、損切ライン

よく損切するラインや利確ラインをpipsで決める人がいますが、あまりおすすめしません。

金額やpipsで決済ラインを決めるということは、チャートを見て判断しているのではなく、こちらの勝手な私情や都合で決めているということになります。

 

売買はチャートで判断するべきだと考えています。理由は他の何かで判断すると、感情が入ってきてしまい、プロスペクト理論通りの行動をしがちになってしまうからです。

金額や値幅ばかりに気を取られていると、プロスペクト理論通りの行動をして、感情的なトレードをしてしまうことがあるので、トータルでは負けるでしょう。

 

相場は毎回違った形や動きをしますし、値ごろ感でトレードしても上手くいかないことはわかりますよね。

値幅でも金額でもなく、口座資金に対してどれくらいのリスクを取れるかを考えた方が良いと思います。

 

例えば、資金が100万円で、1回のトレードの許容損失額が5%で、損切したいラインがエントリーした位置から10pipsだったとします。

だとしたら0.5ロットでエントリーします。あらかじめ決めていたラインで損切りができれば、資金口座の5%の損失で済みます。

損切ラインはチャートを見て判断し、ロット数で損失額をコントロールしましょう。

 

【FX】pipsは気にする必要ない

pipsはほとんど気にする必要はありません。

何pips取れたとか、そんなことはどうでも良いです。ロット次第で利益は全然違ってきます。

  • 値幅がどのくらいあるのか測る
  • 取引コスト

pipsを使うのはこれらがどの程度あるのかを知る時くらいで良いと思います。

トレード手法にはpipsをあまり使わない方が良いでしょう。同じ通貨ペアでもボラティリティは毎回違います。

 

FXコミュニティ

FXスクール

 

 

まとめ

  • pipsは為替レートの単位
  • pipsはロット数によって利益が違う
  • 取引コストはpipsで表す

ロット数をコントロールして、皆さんが上手く資金を増やせていけることを願っています。

・ローソク足1本の値幅の限界値を示す「Voline」
・自動ロット計算「Lots_manager」
・自動フィボナッチ「All_HighLow_FR 」
・移動平均線を使った新しい値幅観測論「abc」
・トレンド認識「ローソクダウ」
・マンツーマンのレッスン
・10万円→1000万円達成したトレード手法「FOR」
・トレード実況動画の配信
・チャート分析の配信

FXとは?
yaniblog
タイトルとURLをコピーしました