パラボリックSARのトレード手法と使い方とは?

  • パラボリックSARってどんなトレンド系インジケーター?
  • パラボリックSARの見方、使い方は?
  • パラボリックSARのトレード手法が知りたい

このような疑問が解決できる記事となっています。パラボリックSARの使い方やトレード手法、計算式などについて、初心者にも分かりやすく解説していきます。

最後に動画でも解説していますので、良かったら。

 

 

【この記事を書いているYaniの実績】

Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。


 

 

 

 

【FX】トレンド系インジケーター「パラボリックSAR」とは?

パラボリックSARとは

  • トレンドの方向
  • トレンドの強弱
  • トレンドの転換
  • 売買シグナル

パラボリックSARの意味

パラボリック(Parabolic)は日本語では放物線という意味があります。SARはStop And Reverseで、価格が止まって反転する、ポジションの転換みたいな意味があります。

パラボリックSARはトレンド系のインジケーターで、J・W・ワイルダーというアメリカのテクニカルアナリストによって作られました。

 

J・W・ワイルダーさんはパラボリックSARの他にも、RSI、ピボットポイント、DMIなども考案している人です。

パラボリックSARはインジケーターでは珍しい点(ドット)で、ドットが放物線を描いて表示されます。

パラボリックSARが表示される位置でトレンド方向、ローソク足との位置関係で売買ポイント、パラボリックSARの間隔でトレンドの強さが把握できる仕組みになっています。

 

計算式

「SAR=(EP−前日のSAR)×AF+前日のSAR」

 

AF=加速因子(0.02≦AF≦0.2)

初期値は0.02(終値が高値を更新するたびに+0.02ずつ加算する)トレンドが転換した場合、初期値に戻る

EP=前日までの最高値と最安値

 

計算式は覚える必要はありません。理由はインジケーターの計算方法を知ってもFXで勝てる様にはならないからです。

パラメーターの数値の設定はデフォルトのままでOKです。MT4で表示させてそのまま使えます。

 

 

【FX】パラボリックSARの見方やシグナル

パラボリックSARの見方

パラボリックSARが下なら上昇トレンド

パラボリックSARがローソク足の下にある状態の場合は上昇トレンドの可能性が高く、買いの継続のサインです。

 

パラボリックSARが上なら下降トレンド

パラボリックSARがローソク足の上にある状態の場合は下降トレンドの可能性が高く、売りの継続のサインです。

パラボリックSARが価格の上にあるか、下にあるかの位置関係だけでトレンドが認識できるので、わかりやすいインジケーターとなっています。

 

買いシグナル

パラボリックSARがローソク足の上にある状態で、価格が上昇してきてパラボリックSARにぶつかって、パラボリックSARが下に移動したら買いシグナルです。

下降トレンドが終了して、上昇トレンドに転換する可能性が高いことがわかります。

 

売りシグナル

パラボリックSARがローソク足の下にある状態で、価格が下降してきてパラボリックSARにぶつかって、パラボリックSARが上に移動したら売りシグナルです。

上昇トレンドが終了して、下降トレンドに転換する可能性が高いことがわかります。

 

パラボリックSARの間隔が広いと強いトレンド

パラボリックSARでトレンドの強弱

パラボリックSARの間隔が広ければ広いほど、強いトレンドだということがわかります。

移動平均線と同じように、角度が急であればあるほど強いトレンドです。

 

パラボリックSARの間隔が狭いと弱いトレンド

パラボリックSARの間隔が狭ければ狭いほど、弱いトレンドだということがわかります。

角度が緩やかであればあるほど、勢いが弱いトレンドです。

 

【FX】パラボリックSARの使い方

パラボリックSARの使い方

押し目買い、戻り売り

トレンドが発生すると、必ず調整で押し目戻り目が作られます。

その際パラボリックSARの位置も変わりますので、小さいトレンドの転換点で売買すると、押し目買い、戻り売りができます。

 

上昇トレンドであれば、パラボリックSARはレートの下に表示されます。押し目でレートが下がってくるとパラボリックSARは上に切り替わります。

押し目が終わると再度下に表示されるので、そこが押し目買いのポイントとなります。

 

利確の目安

トレンドのどこかでエントリーし、含み益を抱えていたとして、直近の高安を超えたらどこで決済して良いか迷いますよね。

そんな時にパラボリックSARの位置が変わるまで保有するという使い方ができます。

 

パラボリックSARでトレンド転換のサインが出たら利確します。それまではポジションは保有しておきます。

売買タイミングを測ることができます。

 

方向感の認識

方向感をつかむのが苦手な人は上位足でパラボリックSARの位置を確認してみて下さい。

そうすることで大きな流れを把握することができ、その流れには逆らわないトレードができるようになります。

トレードスタイルにもよりますが、トレンドの方向感をパラボリックSARで認識するならおすすめは4時間足以上です。

 

パラボリックにアラート機能があるインジケーター

パラボリックのトレンド転換サインが出たらアラートで通知してくれる無料のインジケーターがあります。

無料でダウンロードできるので、気になる人は検索してみて下さい。パラボリック関係のインジケーターは色々ありましたよ。

 

 

【FX】パラボリックSARの注意点

パラボリックSARとレンジ相場

エントリーのシグナルとしては遅い

パラボリックSARをエントリーの売買シグナルにするのは良いのですが、シグナルが出るタイミングが遅いので、あまりおすすめはしません。

基本的にインジケーターは過去の平均値から算出されますので、どうしてもシグナルは遅くなってしまいます。

 

エントリーのタイミングが遅れると、優位性がなくなることもあるので、パラボリックSARのシグナルでエントリータイミングを測るのは良いとは思えません。

パラボリックSARが使えないという訳ではありませんが、シグナルばかりに気を取られると勝てなくなるので注意しましょう。

 

レンジ相場ではダマしが多い

パラボリックSARはトレンドで有効活用できるトレンド系のインジケーターなので、レンジ相場のようなトレンドが出ていない時は活用することができません。

むしろレンジ相場でシグナル売買をすると、ダマしの連続でやられてしまいますよ。

 

下降トレンドかと思ったら、パラボリックSARが転換して、買いのサインかと思ったら売りのサインが出たりします。

パラボリックSARのダマしを回避するには、上位足の方向感を確認したり、今が相場のどの辺にいるのかを把握すると、レンジでのダマしを回避することは可能です。

 

 

【FX】パラボリックSARのトレード手法

パラボリックSARで押し目買い、戻り売り

パラボリックSARで押し目買い・戻り売り

押し目、戻り目となるであろう位置で、パラボリックSARの位置を確認します。

上昇トレンドであれば、調整で下がってきているレートと、パラボリックSARが上にある状態で、押し目となりそうな位置でパラボリックSARの位置が下に変わったところで押し目買いします。

 

調整のパラボリックSARの角度が緩やかであったり、上位足の方向感へのトレンドフォローだと優位性が高い取引ができます。

押し目、戻り目を測る他のインジケーターやツールを組み合わせると次のような感じになります。

 

パラボリックSARとインジケーターを組み合わせる

先ほどのチャートに移動平均線とフィボナッチリトレースメントを表示させて押し目買い、戻り売りのタイミングを測ります。

フィボナッチリトレースメントで38.2%~61.8%戻し、MAでグランビルの法則の売買タイミングを見ます。

 

その条件にパラボリックSARのシグナルを組み合わせると、優位性の高い押し目買い、戻り売りができるのではないでしょか。

次はパラボリックSARで決済タイミングを測ってみます。

「グランビルの法則の基本と使い方」

「フィボナッチリトレースメントの基本と使い方」

 

利確のタイミング

パラボリックSARを利確に使う手法

パラボリックSARとフィボナッチリトレースメントを使って利確のタイミングを測ります。

フィボナッチリトレースメントの138.2%~161.8%、パラボリックSARの位置が変わったところを決済ポイントとします。

 

 

方、資金管理などは、現在公式LINE@でコミュニティに参加していただいた方限定で公開しています。

  • トレード手法の紹介
  • トレード動画の配信
  • トレード解説の配信
  • シナリオ&環境認識の配信
  • マンツーマンのコーチング
  • 会員限定ディスコードへの招待

下記のLINE@からよければ。

 

まとめ

  • パラボリックSARはトレンドの向き、強弱、売買シグナルがわかる
  • シグナルは遅い
  • 見た目がわかりやすい

皆さんがパラボリックSARを上手く使って、資金を増やせていけることを願っています。

comment

タイトルとURLをコピーしました