おすすめの検証ソフトと選び方【購入特典】

  • 検証ソフトって有料?無料?
  • スマホアプリでもできる?
  • 検証ソフトでの過去検証のやり方は?
  • 検証ソフトの選び方は?
  • おすすめの検証ソフトは?
  • なぜ検証をしないといけないの?

このような疑問が解決できる記事となっています。FX初心者にもわかりやすく検証ソフトについての説明をしていきます。

 

FXコミュニティYTCで環境認識方法やトレード手法が学べる

ブログ運営者Yaniが運営しているFXコミュニティです。

  • オリジナルインジケーター多数
  • オリジナルテクニカル指標多数
  • トレード手法FOR
  • 環境認識シナリオ方法
  • 資金管理方法
  • トレード学習システム

勝ちトレーダー輩出しています。

FXコミュニティYTCとは?

FXの検証ソフトは過去検証ができるツール

検証ソフトとは何なのか、なぜトレードスキルを上げるために必要なのか、詳しく解説していきます。

ちなみに私も検証ソフトでの過去検証は今でもします。

検証ソフトは過去チャートを見ることができ、トレードもできる

検証ソフトは過去のチャートを見ることができます。デモ口座やリアル口座でも過去のチャートを見ることはできますよね。

検証ソフトとデモ口座の大きな違いは、過去のチャートを表示して、先のチャートを見えない状態で進めることができる点です。

 

チャートの先が見えていると、先の動きがどうなるかが分かっているので検証が難しいです。

検証ソフトは過去のチャートを表示し、そこから動かして進めて、仮想の通貨でトレードすることもできます。

過去の相場で取引することができます。

 

 

早送り、巻き戻し機能で効率良く経験値を稼ぐ

さらに検証ソフトは早送りしたり、巻き戻ししたりすることもできます。

リアルだとトレードしない時間帯や、レンジ相場を早送りして飛ばすことはもちろんできますし、短期間で何年分のトレード手法の検証をすることが可能です。

リアル相場ではリアルタイムでチャートが動いているので、検証するのに相当な時間がかかってしまいますが、検証ソフトを使えば1日で数か月分の検証もできてしまいます。

 

 

FX】検証ソフトは有料?無料?金額は?

検証ソフトにも色々あります。どのようなタイプのモノがあるのかいくつか紹介していきます。

基本的には有料の検証ソフトが多い

ほとんどの検証ソフトは有料です。

安いものもあれば、結構高額のものまであります。トレードで勝てるようになるなら仕方ないですよね。

必要なことにお金を払うことを惜しむ人が投資で勝てる訳ありません。

後半でどのような検証ソフトがあるか、そこで金額や機能を紹介します。

 

 

無料の検証ソフトもある

ほとんどは有料と言いましたが、無料の検証ソフトもあります。

ただ、無料だとあまり使えるものがありません。機能もしょぼく、あまり使えません。

何にでも初期投資は必要です。

 

 

スマホの検証ソフトアプリもある

パソコンの検証ソフトだけでなく、スマホの検証ソフトアプリもあります。

個人的にはパソコンで取引することを推奨しているので、できればパソコンの検証ソフトがおすすめですが、スマホでのトレードが慣れている人であれば問題はないかと思います。

ただ、機能やスペックを比べてみると、はやりパソコンの検証ソフトがおすすめですね。

機能などの話はこれからしていきます。

 

 

なぜ検証ソフトで過去検証するの?

検証ソフトで過去検証する理由を簡単に説明していきます。

トレード手法を使えるか確かめるために検証ソフトで過去検証する

簡単に言うと、覚えたトレード手法を使って資金が増えるかどうかを過去検証をします。

勝っているトレーダーの手法を覚えたら、間違いなくそれで勝てると思ってしまいがちなのですが、それで勝てるようならみんなお金持ちです。

 

 

トレードにも練習が必要

野球はあまり詳しくないのですが、イチローのバッティングフォームを本人に教えてもらったとしましょう。

教えてもらった人はいきなり本番でイチローと同じように打てるでしょうか?

もちろん無理ですよね。そのバッティングはイチローが長年かけて極めてきたもので、他の人が同じことをしても、イチローと同じように打てる訳がありません。

 

トレードも同じです。

勝っているトレーダーにその人が使っているトレード手法を教えてもらったとしても、それをリアル相場で使って同じように勝てる訳がありません

 

ではどうすれば良いのか。

教えてもらったバッティングをひたすら練習するしかありませんよね。練習して練習試合で試し、上手くいかないからまた練習して練習試合で試す、練習と改善を繰り返してやっとそれを使いこなせるようになると思います。

 

トレードでも検証ソフトで練習し、リアル相場で試す、仮説と検証、改善を繰り返していき、やっとそのトレード手法を使いこなすことができるようになります。

このプロセスを飛ばしてしまう人がとても多いので、勝てないのは当然です。

 

むしろ次から次へと手法を変えて聖杯探しをしてしまう人も多いです。そういう人はただのノウハウコレクターで、自分ではできないけどいろんな人のバッティングフォームだけ異常に詳しい人です。

そうなりたくないのであれば、検証ソフトで地道に練習していくしかありません。

 

 

検証する意味はないのか

検証する意味がないとたまに言う人がいますが、それはあり得ないです。

次にお話ししますが、確かに検証ソフトとリアル相場は全く別物で、検証ソフトと同じようにリアルでトレードできるかといったらできません。

 

でもトレードにも練習は必要ですし、検証ソフトで資金を増やせない人がリアルで増やせる訳がありません。

野球で言えば素振り。基本中の基本なので検証する意味がないということは絶対にありません。

リアル相場と検証ソフトで何が大きく違うのかをここから説明していきます。

 

 

FX】検証ソフトのメリット・デメリット

 

検証ソフトのメリット

  • トレード手法の検証ができる
  • 短期間で経験値を得ることができる
  • 値動きのパターンを蓄積できる
  • 取引データを分析できる
  • トレードの練習できる
  • 一度購入すればずっと使うことができる

 

 

検証ソフトのデメリット

  • リアルと違ってお金と時間の概念がない
  • 有料なので初期投資が必要
  • 過去検証のやり方がわからない

リアル相場ではお金と時間の概念が加わるので、資金管理とメンタルコントロールが必要になってきます。

 

 

FX】検証ソフトを使った過去検証のやり方、方法

  1. トレード方法、ルールを決める
  2. ①で決めたルール通りに検証ソフトを回してみる
  3. 結果が良い場合はリアルで実践してみる
  4. 結果が良くない場合は何が良くなかったのか、統計データを見て考えてみる
  5. 仮説を立て、検証し、改善を繰り返す

 

1.トレードルールを決める

まず大枠のトレードルールを決めます。どんな風になったらエントリーして、どこで利食い、損切をして、どんなタイミングでトレールし、どうなったら分割決済するか、などです。

このルールを決めないと、なんとなくトレードするだけになるので、データを取る意味がなくなってしまいます。

 

ルールがない人はネットで検索したり、SNSやYouTubeで見つけてみてもいいかもしれません。

もちろん私のトレードルールを参考にしてもらってもOK。

 

 

2.決めたトレードルール通りに検証ソフトを回す

トレードルールが決まったら、そのルール通りに検証ソフトでトレードしてみましょう。

どれくらい回せば良いか、何年でも回してください。1か月や3か月程度回すくらいでは足りないと思います。

手法と相性が良い時期とか良くない時期があると思いますので、1年程度は回しましょう。

 

 

3.過去検証の結果

過去検証の結果が良い場合はリアルで同じようにトレードして資金を増やしていき、さらに磨きをかけていきましょう。

結果が良くない場合は統計データを見て何が良くないのか考えましょう。

 

統計データとは、勝率、リスクリワード、平均利益、平均損失、最大損失など色々な検証データがあります。

エントリーの位置が良くないのか、損切の位置が狭すぎて損切貧乏になっているのか、利確位置が遠すぎて損切ばかりになってしまっているのか、考えてみましょう。

 

 

4.仮説、検証、改善を繰り返す

これらを繰り返していって、自分のトレードのスタイルを確立していきます。

検証ソフトで資金が増えていくようになったら、あとはリアルで同じことをするだけです。

 

 

FX】検証ソフトの選び方

  • 統計データ
  • 複数の時間軸のチャートを同時に動かせることはできるか
  • 早送り巻き戻しはできるか
  • インジケーターは使えるか
  • オリジナルインジケーターが使えるか
  • 日本語表示ができるか
  • どれくらい過去、直近のチャートを表示できるか
  • 別のパソコン端末でも使えるか
  • 設定、使い方は難しいか
  • 返金保証制度はあるか

この中でも最も重視することをおすすめするのは、統計データ、早送り機能、オリジナルインジケーターが使えるか、の3つです。

取引の統計データが見れないと何を改善すれば良いのかわかりませんし、早送り、巻き戻し機能がなければ、自分のペースで検証ができません。

オリジナルインジケーターを使わない人なら最後のは無視でOK。

 

 

FX】おすすめの検証ソフト

 

MT4裁量トレード練習君プレミアム

練習君プレミアム

日本の企業が開発した検証ソフトなので、もちろん日本語対応。

販売価格は24,800円(税込)。無料版もありますが、複数の時間足を同時に動かすことができないので、機能としては微妙です。

 

値段は平均程度ですが、練習君は巻き戻し機能が使えません。

ちょっと欲しい機能です。なぜかというと、早送りしていると、ポイントを少しだけ過ぎてしまって少し巻き戻したい時があります。

それができないのは痛いですね。

 

 

 Forex Tester5(FT5)

フォレックステスター、通称FT5と呼ばれる検証ソフトです。

この業界では最も有名で、MT4を開発者が開発した検証ソフトなので、MT4と仕様があまり変わりません。

なのでMT4やMT5を使っている人は扱いやすいのではないかと思います。

海外の会社ではありますが、日本語対応していますし、スペックもかなり高めです。練習君、FT5どちらも返金保証あります。

 

 

その他の検証ソフト

  • Think Trader
  • FX Blue Trading Simulator V3 for MT4

こちらの検証ソフトは無料だけど英語なので、扱いにくいです。英語でも大丈夫という方は問題ないかもしれません。

 

 

おすすめの検証ソフト3つを比較

 Forex Tester5 練習君プレミアム Think Trader
複数の時間足を同時に動かせる 無制限 4つのチャートまで
チャートを動かす速度 19段階 7段階
巻き戻し機能 ×
取引データ分析 ×
インジケーター オリジナルは×
日本語表示 ×
昨日のチャートも見れる
複数のパソコンで使える
設定使いやすさ × ×
返金保証
問い合わせ 日本語 日本語 英語

 

 

運営者が使っている検証ソフトはForex Tester5【特典あり】

私がずっと使い続けている検証ソフトはFT5です。運営しているコミュニティ、スクールでもFT5を推奨しています。

機能も充実していますし、やっぱりMT4を使い慣れているので、使いやすいんですよね。

 

購入方法、操作方法はこちら

 

 

当サイトからFT5購入でオリジナルインジケータープレゼント【特典】

このブログからFT5を購入していただけた方には、FT5で使えるオリジナルインジケーター(数万円で販売中)を無料でプレゼントします。

  • 「Voline」ローソク足の値幅の限界値を表示(FT5用)
  • 「YTC_Symbol_Changer 」通貨ペアや時間足をキーボードで切り替えられるインジケーター
  • Lots_manager」自動でロット計算してくれるリスク管理インジケーター
  • 「All_HighLow」自動で前日(先週、先月高安)にラインを表示してくれるインジケーター

 

「過去の平均から今日のボラティリティ(値幅)の限界値を予測する」インジケーター。

過去の値幅の平均値から値幅の限界値を予測するという考え方です

これを使えばローソク足1本がどこまで伸びるかをある程度予測できます

 

それぞれのオリジナルインジケーターの詳細はこちら

これらのインジケーターがFT5ご購入者の方には無料でプレゼントしています。

 

FT5購入はこちら

※こちらから購入していただいた場合のみ特典をプレゼントさせていただきます。

 

※FT5を購入後こちらの特典申請フォームをご入力下さい

 

数万円と思う高いと思うかもしれませんが、トレードで利益が出ればすぐに回収できます。

スポーツ、勉強する時にお金がかかるのと同じでトレードにも自己投資が必要です。

自己投資をできない人がトレードで勝ち続けることができるのか考えてみて下さい。

 

 

まとめ

  • 検証ソフトはトレードの練習、研究
  • 検証ソフトは有料のものが多い
  • 有名なのはFT5で、MT4と仕様が似てる
検証ソフトを使うことで、皆さんの資金が増えることを願っています。

・ローソク足1本の値幅の限界値を示す「Voline」
・資金管理インジケーター「Lots_manager」
・自動フィボナッチ「All_HighLow_FR 」
・移動平均線を使った新しい値幅観測論「abc」
・トレンド方向を簡単に認識「ローソクダウ」
・マンツーマンのコンサル
・10万円→1000万円達成したトレード手法「FOR」
・トレード学習システム
・チャート分析、トレード実況動画の配信
・YTC流環境認識方法

検証ソフト
yaniblog

comment

タイトルとURLをコピーしました