FX口座のおすすめの選び方|8つのポイントから選ぶ

  • FX口座はどうやって選べば良いの?
  • おすすめのFX口座の選び方は?
  • 初心者におすすめのFX口座は?

このような疑問が解決できる記事となっています。FX口座の選び方について、初心者にも分かりやすく解説します。

 

 

【この記事を書いているYaniの実績】

Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。


 

 

 

 

FX口座を厳選しても勝てない

最初にこれだけは理解しておいていただきたいのですが、FX口座を厳選したところで勝てる訳ではありません。

FX口座を選ぶことはもちろん大事だと思います。

 

ただ、いくらコストが低い口座や約定力が高いFX口座を選んだとしても、トレードが上手くなる訳ではありませんし、勝てることもありません。

つまりどのFX口座を選んでも同じと言っても良いと思います。

それを踏まえて、どのFX口座を選べば良いのかを分かりやすく解説していきます。

 

 

 FX口座の選び方

FX口座選び方

海外FXか国内FX

まずFX口座を大きく分けると、海外のFX会社か日本国内のFX会社の2つに分けることができます。

それぞれのメリット・デメリットがあるので、よくわからないという人は「海外FXと国内FXの違いとは?」をどうぞ。

 

ECN口座かスタンダード口座

国内FX口座では口座タイプを選び必要はありませんが、海外FX口座の場合はECN口座かスタンダード口座かを選択する必要があります。

スタンダード口座とECN口座の違いは、ECN口座の方がスプレッドが狭い代わりに取引手数料がかかり、透明性が高くなっています。

 

スプレッドは経費で落とすことはできませんが、取引手数料は経費で落とすことができるので、税金対策することもできます。

何もわからないのであれば、スタンダード口座を選択すれば良いと思います。口座タイプは後から変更可能ですし、口座を追加することもできます。

 

最大レバレッジ

国内FXでは最大レバレッジが25倍で統一されていますが、海外FXはFX会社によって最大レバレッジが違います。

200倍~1000倍と様々です。

 

最大レバレッジが1000倍の口座だったとしても、レバレッジは自分で制限をかけることもできるので、高過ぎて困るということはありません。

レバレッジが低ければ必要証拠金が多く必要になりますし、高いレバレッジをかけ過ぎると一瞬で資金を失うこともあります。

 

要するにレバレッジの使い方次第なので、自分の資金量や取引スタイルに合ったFX口座を選べば良いと思います。

特に何も決まっていないのであれば、最大レバレッジの高めの会社を選んで、もし低くしたくなたら後で設定すれば、レバレッジを制限することができます。

 

スプレッドや手数料などの取引コスト

取引するのに取引コストがかかります。

  • スプレッド
  • 取引手数料
  • スリッページ
  • スワップポイント

取引コストが低ければ良いという訳ではありません。

もちろん低いに越したことはありませんが、コストが低い分他のサービスが他社より劣っているということもあります。

 

取引コストをあまり気にする必要のないトレードスタイルもありますし。

自分がどのようなサービスを使いたいかが重要なので、選ぶ際の項目を全て見終わった後で、最も重要視するもので選べば良いと思います。

 

最低取引数量や最低入金額

少額から始めたい人は最低取引数量を確認した方が良いでしょう。

最低取引額が大きい場合は、少額から始められないこともあります。

また最低入金額が高めに設定されているFX会社もあるので、少額からFXを始めたい人はこの2点について最初に確認した方が良いと思います。

 

キャッシュバックやボーナスなどのキャンペーンの有無

キャッシュバックやクレジットボーナスの付与などのキャンペーンを行っているFX会社と全く行っていないFX会社があります。

キャッシュバックは基本的には国内FXが行っているキャンペーンで、キャッシュバックを受け取ることができる条件が高いので、あまり期待しない方が良いでしょう。

 

クレジットボーナスは海外FXのいくつかの会社が行っているキャンペーンで、リアル口座で取引できる仮想の通貨が付与されます。

新規FX口座の開設や入金することで、受け取ることができます。

 

MT4やMT5か独自のプラットフォーム

FX会社によって使える取引ツールが違います。

国内FX口座ではMT4を使える業者もありますが、多くは独自のプラットフォームを提供されています。

海外FXのほとんどはMT4、MT5が使えます。使いやすさもありますが、好みですね。

 

取り扱い通貨ペアの種類

FX会社によって取り扱い通貨ペアの種類は若干異なります。

マイナー通貨が取り扱っていない場合もあるので、取引したい通貨ペアがメジャー通貨でない場合は、事前に取り扱っているか確認していくようにしましょう。

 

 

おすすめのFX口座の選び方

どんな人にどんな口座がおすすめかをいくつか紹介します。

初心者やこれから始める人

FX初心者やこれからFXを始める人におすすめなFX口座は、クレジットボーナスのキャンペーンを行っているFX会社です。

自分のお金を振り込むのは最初すごく不安だと思います。

 

クレジットボーナスが付与されればお金を入金せずに実際のリアルトレードをすることができますし、それで利益が出れば出金することもできます。

つまりリスク0です。

 

なので一番最初はクレジットボーナスがあるFX口座を開設することをおすすめします。

クレジットボーナスを使った後は自分の好みの口座に変えれば良いと思います。

 

取引コストを抑えたい人

取引コストをとにかく抑えたい人はスプレッドが狭いFX口座を選びましょう。

海外FXよりも国内FXの方がスプレッドが狭くなっています

 

理由は「海外FXをおすすめする理由」で確認下さい。

スプレッドや売買手数料が低い海外FXもあるので、色々比較して選んで下さい。

 

短期間で増やしたい人

FXは短期間で資金を増やすものではなく、コツコツ長い目で増やしていくものです。

ただ、短期的に増やすことも不可能ではなく、もし短期的に増やしたいのであれば、高いレバレッジは必須です。

 

例えば、毎回逆指値を入れず、フルレバでトレードし、利確出来たら出金し、負ければ強制ロスカット。

それで一気に資産を増やすことはできます。ただ、本来はコツコツ運用していくものです。

 

信頼できる会社で取引したい人

安心して取引したい人は信頼できる大手のFX会社を使うことをおすすめします。

国内FX、海外FXどちらが信頼できるかは賛否ありますが、自分が信じる方を選べば良いと思います。

 

どちらか決まれば、あとは大手のFX口座を開設しましょう。

海外FXであれば、XMやTradeview、国内FXであれば、DMMや楽天、SBI、OANDAなどでしょうか。

 

トレードスタイル

スキャルピングが禁止のFX口座があるので、その点は気を付けましょう。

トレードスタイルがデイトレードやスイングトレードなら気にする必要はありません。

 

数秒、数分しかポジションを保有しないスキャルピングをすると、口座が凍結されたりすることもあります。

特に国内FXはスキャルピングが禁止の業者が多いので、トレードスタイルによっても使いにくいFX口座があるということを忘れずに。

 

 

まとめ

  • 海外FXか国内FX
  • 取引コスト
  • 最大レバレッジ
  • プラットフォーム
  • キャンペーン
  • 通貨ペアの種類
  • 最低取引数量と最低入金額

皆さんがFX口座を選び、上手く資金を増やせていけることを願っています。

comment

タイトルとURLをコピーしました