FX相場の環境認識のやり方【チャートを使って具体例】

  • FX相場の環境認識のやり方は?
  • 環境認識はなぜするの?
  • 環境認識の具体例は?

このような疑問が解決できる記事です。FXの環境認識の方法とタイミング、実際のチャートを使った具体例を、初心者にもわかりやすく解説していきます。

 

 

【この記事を書いているYaniの実績】

Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。


 

 

 

 

FX相場の環境認識とは?分かりやすく解説

FXにおける環境認識とは何なのか、なぜ環境認識が必要なのかを分かりやすく説明していきます。

意味

FX相場の環境認識とは、テクニカル分析で現状を認識することです。

ローソク足(プライスアクション)、波形(チャートパターン)、インジケーターなどを分析して、現在の相場の位置や状況を把握します。

 

  • トレンドの方向感
  • レンジ相場
  • 高値圏、安値圏

環境認識をすることによって上記を認識することができます。

 

基本的にテクニカル分析で環境認識するので、ファンダメンタルズ分析は排除して考えます。

ファンダメンタルズ分析を考慮して分析する人もいますが、私は全てテクニカルに集約されると考えているので、チャートだけを見れば良いと思います。

 

なんのために環境認識するの?

環境認識しないと勝てないとか、環境認識が全てとか、環境認識は最重要とか、言う人もいるくらい環境認識はトレードにおいて必要なものです。

ではなぜ環境認識をするのでしょうか。

 

現在の相場を認識して、トレード戦略を立てるためです。

今の相場の状況を認識して、ここから価格がどうなるかを予測するシナリオを立てます。

 

環境認識をしないということは、何も状況をわかっていないままトレードをするということなので、流れに合っていないトレードをしてしまう可能性があります。

トレードは必ず環境認識から始めるようにしましょう。

 

 

FX相場の環境認識のコツ

環境認識のやり方を解説する前に、環境認識をする際のコツのようなものを説明しておきます。

主観的ではなく、客観的に

環境認識、テクニカル分析をする際、主観ではなく客観的に相場を見る必要があります。

完全な客観視というものはなく、少なからず主観が入ってしまいますが、できるだけ相場の事実だけを見ることに集中します。

 

高値、安値、移動平均線の向きや位置、高値圏なのか、安値圏なのか、ありのままの相場を認識します。

テクニカル指標を使って、過去の値動きから今の状況を読み取ります。

 

環境認識は手法の1つ

環境認識は手法のうちの1つでもあります。

ここでエントリーして、ここで決済するというのが手法というイメージがあると思いますが、環境認識もシナリオも手法のうちの1つです。

エントリーと決済だけの手法だけで勝てている人は恐らくいないのではないかと思います。

 

つまり環境認識なしでは、完全な手法とは言えません。

環境認識をしないなんてあり得なく、相場の状況を何もわからずトレードしているのと同じです。環境認識はそれくらい重要だということを覚えておきましょう。

 

環境認識するタイミング

環境認識をするタイミングですが、なんとなくわかっている人もいると思いますが説明しておきます。

環境認識は一番最初にします。

  1. 環境認識
  2. シナリオ作り
  3. 待つ
  4. エントリー
  5. 決済

という流れです。

 

 

FX相場の環境認識のやり方

ここではどのような環境認識のやり方があるのかを説明し、その後で実際のチャートを使って具体的な環境認識の方法を解説したいと思います。

マルチタイムフレーム分析

マルチタイムフレーム分析をして、長期、中期、短期の流れを認識します。

時間足は上位足から下位足見ていくのが基本です。全ての時間軸を見る必要はなく、自分が環境認識しやすい時間軸、見慣れている時間軸だけを見るだけで良いです。

 

トレードスタイルにもよりますが、日足や週足、月足などの上位足で大きな流れを認識し、4時間足、1時間足などで中期の流れ、30分足以下で短期の流れを認識する人が多いです。

「マルチタイムフレーム分析の基本と具体的なトレード手法」

 

エリオット波動理論

相場は波動でできていて、エリオット波動理論は波動についての理論です。

詳細は「エリオット波動理論の基本と使い方」をどうぞ。

 

エリオット波動理論を理解することができれば、今がトレンドのどの位置にいるのか、など環境認識しやすくなります。

相場の原理原則なので、知っておいて損はないと思います。

 

ダウ理論

ダウ理論も相場の原理原則で、エリオット波動理論と被っている部分もありますが、トレンドの継続、明確なトレンドの終わりがわかります。

ダウ理論の高値と安値の考え方を理解すると、トレンド、レンジ相場を認識することができます。

 

押し安値を切り下げたら、戻り高値を切り上げたら、一旦はトレンドの終わりの可能性が高いとみなします。

ダウ理論は相場の自然現象で、基本中の基本でもあるので、絶対に覚えておきましょう。

「ダウ理論の基本と使い方」

 

移動平均線(MA)

移動平均線は最もシンプルでメジャーなインジケーターです。ローソク足の平均を1本の曲線で表示してくれます。

MAだけ見てもどのような値動きをしたかがわかりますし、今後どのような動きをしていくかも予測しやすくなります。

移動平均線の下に価格があれば下降トレンド、上にあれば上昇トレンド、乖離し過ぎていたら戻ってくるし、収束していたらレンジ相場だということがわかります。

 

サポレジライン(水平ライン)

サポート、レジスタンスは相場の壁で反発しやすい価格帯になります。

サポレジラインは基準となる価格帯になるので、そのラインを超えるか、たどり着かないかで相場の流れを認識することができます。

 

どこのサポレジラインが反発しやすそうか、どのラインを目指して動いているのか、価格がどちらに動きたがっているのかをサポレジラインで認識します。

水平ラインで反発すれば、どこまで伸びそうか、抜けた場合はその方向へ強いトレンドが出そうかなどを認識できます。

シンプルでわかりやすいテクニカル分析なのでおすすめです。

 

トレンドライン・チャネルライン

水平ラインの斜めのラインバージョンです。トレンドライン、チャネルラインを引いて、トレンドの強さや長さを認識することができます。

トレンドラインを明確に割って、戻りそうもないならトレンドは弱くなってきていて、チャネルを抜けた場合はトレンドが強いということがわかります。

私はあまり使いませんが、結構人気で使っている人は多いです。

 

 

チャートを使ってFX相場の環境認識の方法を【具体例】

実際に現在のチャートを使って、私がいつもしているように環境認識をしていきます。

私が運営しているFXコミュニティでは週に3回環境認識とシナリオの配信をしています。

週足

まずは週足から見ていきます。赤い75MAを上抜けて戻ってきましたが、75MAに支えられ、安値を切り上げながらもう一度高値を試しに行っているのがわかります。

すでに実体までは伸びているので、ここで売られる可能性もあります。

75MAを上抜ける前に比べるとボラティリティは小さくなっているのと、Vの形をしていて、高値圏にいるのもわかりますよね。

 

日足

次に日足です。高値を付けた後、高値を切り揃えて安値を切り上げていきました。

しばらく10MAが横ばいになってレンジが続いていましたが、10MAが徐々に上向きになってきて、ローソク足の実体がブレイクしてきているのがわかりますよね。

 

陽線が続き、切り揃えた高値まで伸びていきました。チャートパターンでいうとアセンディングトライアングルですね。

ここを上抜けて高値を試すか、売られて一旦下げるのかという感じです。安値を切り上げるなら上昇していきそうに見えます。

本日は東京で急騰しましたが、急落して安値を更新、このまま下降していくなら今日の日足は上ヒゲの陰線になります。

 

4時間足

急落が強かったので、大陰線ができています。10MAをブレイクしていって、傾き始めたら短期的には下降していきそうです。

ただ、強いトレンドラインの下限にいて、(4回目タッチ)ここでどういう反応をするのかは重要だと思います。

 

30分足

30分足で見ても今日の急騰急落がかなりわかりやすいですね。

ここだけ見ると下げる前の前兆にも見えます。しばらく75MAを割らずに上昇しています。

 

今は安値をつけて少し戻して、再度下げてきているところなので、安値を更新するなら押し安値まで下降していきそうですね。

2番底をつけて上昇していくなら、まだ上がっていくと思います。

 

 

環境認識ができたらシナリオを作る

このような感じで自分が今の相場を認識した後は、ここから相場がどのような動きをするのかイメージします。これがシナリオです。

シナリオ通りに価格が動いた場合は、自分のトレード手法に合わせてトレードしていきます。

イメージと違った動きをした場合は目線を変えたり、方向性の見直しが必要になります。

 

 

FX相場の環境認識に正しいやり方はない

FXの環境認識の方法で正しいやり方はありません。全てのトレーダーが違う環境認識の方法をしています。

人によって見方も違いますし、注目するポイントも違います。

ただ、多くの人が注目しているポイントというのはありますし、同じような部分を見ていることもあります。

 

私が運営しているコミュニティでは、週に3回シナリオと環境認識の配信をしています。

何度も見ることでどのように環境認識をすれば良いかが分かってくると思いますし、それが習慣になると、チャートを少し見ただけで認識できるようになってきます。

 

私の使っている手法やトレードの考え方、資金管理などは、現在公式LINE@でコミュニティに参加していただいた方限定で公開しています。

  • トレード手法の紹介
  • トレード動画の配信
  • トレード解説の配信
  • シナリオ&環境認識の配信
  • マンツーマンのコーチング
  • 会員限定ディスコードへの招待

下記のLINE@からよければ。

 

まとめ

  • 環境認識は現状を把握するため
  • 環境認識はトレードの最初に行う
  • 手法の1つ

皆さんが環境認識をして、上手く資金を増やせていけることを願っています。

comment

タイトルとURLをコピーしました