RSIのMT4無料インジケーター種類一覧

  • RSIに特化したインジケーターは?
  • マルチタイムフレーム(MTF)RSI、ボタンでオンオフできるインジケーターは?
  • ボリンジャーバンド、買われすぎ、売られすぎで矢印サイン、ヒストグラムがあるRSIインジケーターは?
  • 無料?有料?ダウンロード方法は?

このような疑問が解決できる記事となっています。今回はRSIのMT4無料インジケーターの種類一覧を紹介します。

 

 

FXコミュニティYTCで環境認識方法やトレード手法が学べる

ブログ運営者Yaniが運営しているFXコミュニティです。

誰でも着実にスキルを上げることが可能なトレード学習システムを取り入れたFXオンラインサロンになっています。

資金管理方法が学べたり、オリジナルテクニカルやインジケーターも多数用意しています。

FXコミュニティYTCとは?

FX】オシレーター系インジケーターRSIとは?

 

 

RSIのMT4無料インジケーター種類一覧

 

RSIをヒストグラムで表示したMTFインジケーター「rsi histo – (mtf + alerts)」

ヒストグラムRSI

RSIをMACDのようにヒストグラム化した無料インジケーターです。

本来RSIは0より下になることはないのですが、ヒストグラム化されているので、0=50?くらいの設定になっています。

 

動きはほとんど同じですが、50?を基準にして動くのでRSIの見方が少し変わるかもしれません。

さらにマルチタイムフレームとして使えるので、上位足のRSIを下位足に表示することもできます。

 

 

メインチャートにローソク足と一緒にRSIとバンドを表示するMT4インジケーター「RSI onchart button」

RSIをメインチャートに表示させ、さらに買われすぎ、売られすぎをバンドで表示してくれる無料インジケーターです。

ダイバージェンスを認識しやすいですし、買われすぎ、売られすぎ到達もわかりやすい。

  • RSIをメインチャートに表示
  • ボタンクリックでオンオフ
  • 買われすぎ、売られすぎをバンド化して表示

 

 

RSIの買われすぎ、売られすぎ到達でアラート通知してくれるMT4インジケーター「Color RSI with alert wPush」

RSI買われすぎ、売られすぎでアラート通知インジケーター

RSIの買われすぎ、売られすぎに到達するとアラート通知してくれ、メインチャートにも矢印サイン、サブチャートのRSIの色が買わる無料インジケーターです。

  • マルチタイムフレーム対応
  • 買われすぎ、売られすぎでアラート、プッシュ、メール通知
  • メインチャートに矢印
  • サブチャートの色が変わる

 

 

RSIにボリンジャーバンドを表示してサインをだしてくれるMT4インジケーター「RSI-BB-BANDs alerts」

RSIとボリンジャーバンドインジケーター

RSIにボリンジャーバンドを表示して、バンドをン受けて戻ってきたらサインがでる無料インジケーターです。

RSIの買われすぎ、売られすぎで逆張りをしているなら、ボリンジャーバンドの根拠を1つ増やすことができます。

 

 

2つの時間足のRSIを表示させるMT4インジケーター「rsi_2tf」

2つの時価足のRSIインジケーター

2つの時間足のRSIを表示させることができる無料インジケーターです。

例えば30分足と1時間足のRSIを同時に表示させたりできます。

 

 

指定した時間足のRSIをボタンで複数表示できるMT4インジケーター「All time frame RSI 2」

ボタンで指定したRSIを表示できる無料インジケーターです。

一度に複数の時間足のRSIを表示することもできます。

 

 

その他無料MT4インジケーター一覧

 

 

オリジナル有料インジケーター一覧

 

 

インジケーターをダウンロード→MT4表示までの手順

  1. インディケーターをダウンロード(ファイルはzip形式)
  2. zipファイルを解凍し、mq4またはex4のファイルをコピー
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリック
  4. その中の「MQL4」フォルダ→「Indicators」フォルダのにペースト(貼り付け)
  5. MT4を再起動→カスタムインジケーター→

 

FXコミュニティ

FX個別コンサル

 

 

 

 

 

・ローソク足1本の値幅の限界値を示す「Voline」
・自動ロット計算「Lots_manager」
・自動フィボナッチ「All_HighLow_FR 」
・移動平均線を使った新しい値幅観測論「abc」
・トレンド認識「ローソクダウ」
・マンツーマンのコンサル
・10万円→1000万円達成したトレード手法「FOR」
・新トレード手法「Voline Reverse」
・トレード実況動画の配信
・チャート分析の配信

無料インジケーター
yaniblog
タイトルとURLをコピーしました