利確の目安とタイミングはどうしたら良い?

  • FXの利確の目安や基準、タイミングは?
  • 利確のおすすめの方法は?
  • 分割利食い、トレールの方法は?

このような疑問が解決できる記事となっています。FXの利確の目安や基準、利食いするタイミングについて、初心者にも分かりやすく解説します。

 

 

【この記事を書いているYaniの実績】

Twitter(Yani)で保有ポジションやトレード履歴をこんな感じで載せています。実績はTwitterアカウントから確認して下さい。


 

 

 

 

【FX】利確とは?分かりやすく解説

FXの利確とは何なのか、利確にはどのような方法があるのか、タイミングが早い場合と遅い場合何が違うのか分かりやすく説明していきます。

利確の意味

利確とは、含み益のポジションを決済することを言います。利益確定、利確、利食いと言うこともあります。

含み損のポジションを決済することは損切と言います。

「損切ができるようになる方法」

 

利確の方法

利確には色々やり方があるので、どのような方法があるのか紹介していきます。

成行や指値など

決済する注文方法は色々あります。手動で決済する成行注文、決済したい価格に注文を入れておいて、そこまでレートが動けば自動で決済される指値注文などがあります。

他にも注文方法は色々ありますが、ここでは省略しますので、どのような方法があるのか知りたい人は「注文方法の種類」をどうぞ。

 

手動で利確したいなら成行で、決めた位置で利確したいなら指値注文で利食いしましょう。

どちらがおすすめかは後半で紹介します。

 

分割利食い

1度の決済で全てのポジションを決済するか、1度にポジションの半分や3分の2を決済する分割利食いがあります。

分割利食いは一定のポジション数だけ利食いして、残りは利益を伸ばします。

 

トレール(トレーリングストップ)

トレールはSLをずらしていく方法です。価格が伸びたらSLをずらして、最低限の利益を確保し、リスクを限定します。

ポイントで価格を追いかけるトレーリングストップというのもあり、ポイントの幅を開けながら追っていってくれます。

 

利確が遅いとどうなるのか

利確のタイミングが遅いと、価格が戻ってきてしまって、含み損になることもあります。

利確が遅くて考えられるパターンを次の通りです。

  • 含み益→含み損
  • 含み益が少なくなる
  • トレールしていた場合、建値で決済
  • 予測していたより利益が伸びる

 

利確が早いとどうなるのか

次は利確が早い場合です。

  • 利確の後もっと伸びた
  • 利確の後戻した

 

利確は遅いより早くしてしまいがちです。

プロスペクト理論という人の行動心理で、利益がなくなることがイヤで、早く確定させたくなってしまいます。

「プロスペクト理論の意味と克復方法」

 

 

【FX】利確の目安とタイミング

FX利確の目安

利確の基準となるポイントをいくつか紹介します。ここから自分の利確ルールを作っていきましょう。

直近の高安

一番わかりやすい利確の目安だと思います。

買っているなら直近の高値を利確ラインに、売っているなら直近の安値を利確ラインにします。

 

利確ポイントを高安のローソク足のヒゲ先にするか実体にするかは好みです。

念のために少しだけ早めに利確する人もいます。

 

フィボナッチの138.2%~161.8%

フィボナッチリトレースメントの138.2%~161.8%を利確の目安にすることもできます。

フィボナッチ比率は効くので結構おすすめです。

「フィボナッチリトレースメントの引き方と使い方」

 

チャネルラインの上下限

チャネルラインの上限、下限を利確の目安にするのも良いでしょう。

トレンドが弱くなっていたら、上下限まで届かないこともありますし、強い場合は抜けていくこともあるので、チャネルラインだけでなく、値動きを見て判断すると尚良いと思います。

「チャネルラインの種類と使い方」

 

値幅計算

値幅からどこまで値幅が伸びそうかを予測します。

逆張りポイントでもあるので、そのポイントで利確するのも良いと思います。

N計算、E計算、V計算などがあります。

「値幅計算の種類と使い方」

 

強そうな抵抗帯にぶつかった時

抵抗帯を利確の目安にします。

  • 上位足のサポレジライン
  • 移動平均線(MA)

基本的に上位足の抵抗帯で利確すれば良いと思います。

 

トレール

トレールしていって、戻ってきて引っかかったら利確です。感情で利確しなくて済むので、機械的に利益を伸ばすことができます。

具体的なトレールの方法は後半で紹介します。

 

インジケーター

利食いポイントをラインなどで教えてくれるインジケーターがあります。

何を基準に利確の目安としているのかは知りませんが、それを目安にするのも良いと思います。

 

チャートパターンやプライスアクション

不利なチャートパターンやプライスアクションが出現したら利確するようにします。

ロングしているなら、ダブルトップや三尊、上ヒゲのピンバーなどが出現したら利食いです。

 

 

これらが出現してから伸びる可能性もあるので、トレールして様子を見るのも良いでしょう。

基本的にはテクニカルで利確するのか、伸ばすのかの判断をした方が良いと思います。

「トレンド転換するチャートパターンの種類」

「トレンド転換するチャートパターンの種類」

 

金曜日・週末

スイングトレードでポジションを保有していても、金曜日、週末に利確する人は多いです。

理由は週明けに窓開けで狩られないためです。大きな窓が空けば指値、逆指値注文が通らないこともあるので、リスクをコントロールできません。

そのために週末にはポジションを持ち越さないように決済している人が多いです。

 

 

【FX】おすすめしない利確の方法

あまりおすすめしない利確の目安について紹介します。

pips・ポイント

pips(ピップス)やポイント、%で利確の目安を決めるのはあまりおすすめしません。固定で決めているのは特にですね。

相場は常に変化していて、その時期によってボラティリティが全然違います。

その相場に合わせてpipsやポイントで利確の目安を決めるなら良いと思いますが、どの相場でも同じもので目安を決めると、あまり上手くいかないと思います。

 

利確は指値と成行どっちが良いの?

指値と成行注文どちらが利確するのに良いという話ですが、トレードスタイルや手法によります。

スイングトレードでチャートをあまり見ないのであれば、指値注文が合っているでしょうし、短期売買のスキャルピングであれば、成行注文で利確することになります。

 

デイトレードはどちらも使えますし、併用することができます。

指値注文でTPは置いてはおくけど、不利なチャートパターンやプライスアクションが出たら成行で決済するという感じです。

自分のやり方に合った注文方法で良いと思います。

 

 

【FX】結局利確のタイミングはいつがベスト?

自分が良いと思ったところ、最初に決めていたポイントで利確するのがベストだと思います。

もし後で見直して、もう少し伸ばせたとか、少し利食いするのが早かったと思うなら、次の利確の時に活かせば良いだけです。

失敗した利確は改善できるチャンスでもあるので、利確した理由とポイントを記録して、後でしっかりと反省しましょう。

 

 

【FX】利益を伸ばす利確の方法

利確の具体的な方法や具体的な利益を伸ばす方法はこちらの記事をどうぞ。

 

私の使っている手法やトレードの考え方、資金管理などは、現在公式LINE@でコミュニティに参加していただいた方限定で公開しています。

  • トレード手法の紹介
  • トレード動画の配信
  • トレード解説の配信
  • シナリオ&環境認識の配信
  • マンツーマンのコーチング
  • 会員限定ディスコードへの招待

下記のLINE@からよければ。

 

まとめ

  • 利確は遅いよりも早くしがち
  • 利確の目安はテクニカルで
  • 相場に合わせて利確する目安を決める

皆さんが利確を上手くできるようになって、資金を増やせていけることを願っています。

FXコミュニティに参加

FXコミュニティに参加していただいた方には、私が1万円から8桁まで増やしたトレード手法を公開しています。

・トレード手法の紹介
・環境認識&シナリオの配信
・トレード動画の解説
・トレード解説の配信
・マンツーマンのコーチング

手法
Follow me
yaniblog

comment

タイトルとURLをコピーしました